記事一覧

【9/1まで】期間限定でタダ読み! 『英雄列伝』p.80~82


『英雄列伝』(鏡たか子 著) p.80~82

【怖い話】ぼくのおさななじみ


パンタポルタ、夏のホラー企画
今回はフィーカスさんからの投稿をご紹介します!
文章ならではの、ぞっとするようなこわ~い話……あなたの近くにも、こんな子いませんか?

【怖い話】たんてい


【パンタポルタ、夏のホラー企画】
今回は、大澤めぐみさんからの投稿をご紹介!
女子高生のパジャマパーティーで起こった、不思議なできごととは……。

アメリカ大陸にも到達! ヴァイキングの民族大移動・後編

ヴァイキング_後編

ヴァイキングが北欧から東西ヨーロッパへと南下していった様子について、前編では「グレート・ブリテン&アイルランド島ルート」と「ヨーロッパルート」をご紹介してきました。
この後編では引き続き『海賊』(森村宗冬 著)を参考に、「ロシアルート」と「大西洋横断ルート」についてみていきましょう。

刻印師の拾いもの ~第2話~


作者:久遠マリ

中央行政区、裏路地に存在する酒場“碧森堂”には裏の品書きが存在する。護身用の装飾品だ。革命後の混乱する社会の中で職や土地を失った元帝国貴族達と取引を行うのは、一人で店を切り盛りする女主人のエラ。多忙を極める彼女は、ある日素材の引き取りに赴いた先で、その場に似つかわしくない人物と出会うのだが……

第1話

海賊? 武装交易商人? ヴァイキングの民族大移動・前編

ヴァイキング_全編

ヴァイキングといえば、北欧の海を荒らし回り掠奪を繰り返していた恐ろしい海賊――そんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。でも、実は彼らは海賊というより武装交易商人だったと言われています。
『海賊』(森村宗冬 著)は、海賊たちの歴史や戦い方、海賊の人物伝などを丁寧に紹介した本です。今回は本書をもとに、ヴァイキングが南下していった歴史について、前編・後編の2回に分けご紹介します。