【第2部】放浪騎士と石の魔術師 ②

作者:ぬこげんさん

 立ちふさがるサラマンダーを倒し、隊商路を確保した放浪騎士『エドガー』は、石の魔術の使い手、少女ニルファルに請われるまま、商隊の護衛を続けていた。そんなある日、次の目的地口サバデルの街を目前にひょんなことから一行は金髪の美青年商人を助けることとなる。
 突如現れたエドガーの過去を知る赤毛の女剣士との邂逅に、心を揺らすニルファルと、自分を助けたくれた少女に心寄せる商人。これは中年騎士と石の魔術師の少女が織りなす、小さく、そして幸せな人間模様のお話。

【第1部】
1話 2話 3話 4話 番外編

【第2部】
1話

第二話 赤髪剣士と黒真珠


 サバデルの街がいくら大きいとは言え、数十頭のラクダを連れた商隊を、いくつも城壁の中に入れると言うわけにはいかない。
 基本的には隊自体は城壁外の駐屯地に留め置かれ、商談を担当する一部の者達だけが中に入れるというのが通例だ。

「あっ、父様だ」

 街の西にある駐屯地へと向かう商隊を追い抜き、門へと向かう馬車の上で、マルセロの肩越しに身を乗り出したニルファルが、衛兵と話す父親のウルグベクを指差す。

「何やらもめておられるようだ」

 マルセロはそう言ってウルグベクの背後に馬車を止めると、エドガーとニルファルに降りろと身振りで合図した。

「ダメだ、通すわけにはいかん!」
「なぜです、割符もこの通り持っております」
「なんでもだ、三日後に出直せ」

 二人が降りたのを確認して、マルセロが門へと馬車を寄せる。

「何をもめているんだい?」
「ああ、これはクレブラスの……」

 そう言って衛兵がマルセロに一枚の羊皮紙を差し出した。

「ああ、なるほど……これは……」

 小さく頷いてから、マルセロは羊皮紙を丸めて懐へしまいこんだ。

「いや、それは困ります」
「どうだろう、ここはクレブラス商会の顔に免じて通して貰えると嬉しいんだが、なに悪いようにはしないよ」

 慌てる衛兵にそう言って、マルセロがニコリと笑ってみせる。

「しかし……」
「大丈夫、コーエン商会にも悪いようにはしないから」

 マルセロの言葉に門を守っていた二人の衛兵が目配せすると、小さく頷いて通れとウルグベクと護衛の戦士を街に入れる。

「さあ、私達もいきましょうか」
「まったまった、クレブラスさん。そのお嬢さんはともかく、傭兵を街には入れられません」

 エドガーを指差して衛兵が鼻を鳴らした。娘が巻き込まれているのを見て、ウルグベクも困った顔でこちらを振り返っている。

「そうは言っても、彼らは私の恩人だしねえ、どうだろう私の客ということで」

 マルセロがそう言ってとりなすが、衛兵は頑として首を縦に振らない。一つ無理を飲まされたので、彼らにも面目があるといったところだろう。
 ウルグベクと護衛の戦士が一緒なのだから、ニルファルは彼らにまかせて、自分は駐屯地で待っていてもと思うのだが、エドガーのブリガンダインの裾をしっかりと握ったニルファルが、それを許してくれそうもない。

「何をやっている!」

 通す、通さないと、マルセロと衛兵が押し問答をしていると、城門横の詰所から凛とした女の声がした。全員の視線がそちらへと集まる。

「隊長、この者たちが中へ入れろと。いえ、一人はクレブラスさんのご子息なのですが」

 スケイルメイルをジャラリと鳴らして、長身の女がこちらへと歩いてくる。ショートカットの燃えるような赤毛と、スラリと長い手足。

「それで、クレブラスの連れの者がどうし……」
 
 つかつかと歩み寄りながら、エドガーの顔を見た女がそこで言葉を切って息をのんだ。

「エドガー?」
「ああ」

 信じられないという顔をする女に、エドガーは小さく頷く。背後で子犬のようにエドガーの裾を引っ張るニルファルに、チラリと目をやってから赤毛の女が小さく息を吐いた。

「入れてやれ、騎士だった時代の友人だ、私が後見人になろう」

 通れ、と片手を上げた女隊長が、ポンとエドガーの肩を叩く。

「隊商宿に泊まるなら、砂トカゲ亭にするといい、あとで訪ねる」
「わかった、ありがとう」
 それだけ言って、エドガーはニルファルの手を引くと門の中へと足をすすめる。馬車に乗り直したマルセロが一行を乗せると、逃げるように街の中へと走り出した。


 エドガーとニルファル、それにウルグベクと護衛の戦士の四人を乗せて、馬車は町の中心部にほど近い隊商宿へと向かう。
 連合王国の隊商宿は、訪れた隊商と街の商人たちが商談できる場所を備えた、酒場兼宿屋だ。商人たちへの便宜もあるが、よそ者をそこに集めることで治安維持の役割も担っていた。

「いやあ、隊長さんと知り合いなら早く言ってくださいよ」
 馬車の速度を落としたマルセルが、苦笑いしながらエドガーに話しかける。
「すまない、彼女がここに居るとは思わなかった……。ところでなぜ、この商業都市で隊商を門で止めるなんてことが?」

 二週間に渡って貿易が止まっていた以上、商人たちにとって荷物の到着は喜ばしいことのはずだ。

「いろいろ面倒なしがらみがありましてね」

 懐から先程の丸めた羊皮紙を取り出すと、マルセロがエドガーに差し出す。広げてみた所、書かれているのは商品の一覧のようだ。課税品があれば門の中に入れる時に税金を徴収する、その為のリストにすぎない。

「その中にある海塩は、東から来る岩塩よりも質が良く高く売れる。いつもならコーエン商会が西からもってくるのですが……わかるでしょう? あなた達がここ二週間で一番乗りだ、先に荷を捌かれては高く売れなくなってしまう」
「でも、だからって酷いです。私達が悪いわけじゃないのに」

 膨れ面するニルファルに、金髪の青年が笑ってみせる。

「まあ、いずれにしろ、サラマンダーが倒されたことを誰かが知るまで、ここに海塩は届かないわけですからね、コーエン商会に仲介して差し上げます。高く売るといい。もちろん、仲介手数料は頂きますが」

 街の中心部にほど近い広場に面した宿まで、馬車で送り届けてくれると、『砂トカゲ亭』の亭主に話をつけて、マルセロが手をふって去ってゆく。夕食前には使いをよこすと言っていたので、商談はその際にということだろう。

「いい人でしたね、マルセロさん」
「ああ……」

 ニルファルの言葉に生返事をしながら、マルセロを見送りに出たエドガーは、砂トカゲをかたどった鉄製の看板を見上げた。三階建ての宿はこの街でも立派な部類に入るだろう。

「部屋は三階ですって、父様にお願いして窓際のベッドにしてもらおう」

 無邪気にエドガーの手を引いて入り口へと向かうニルファルに連れられて、エドガーは両開きの大きな扉をくぐった。



「エドガーさん、お客さんですよ、さっきの隊長さん」

 何はともあれひと段落と、鎧を脱ぎ荷解きをしていたエドガーは、ニルファルの声に振り返った。

「わかった、今行く、下で待っていてもらってくれ」

 エドガーは財布を覗いて、中身が心許ない事にため息をつき、ベストのポケットに突っこんだ。部屋を出ると、当然だと言う顔で後をついてくるニルファルを、背後からウルグベクが呼び止める。

「ニルファル、邪魔をしちゃいかん」
「だって……」

 上目遣いにこちらを見るニルファルにエドガーは小さく首を横に振る。

「わかった……」

  寂しそうな顔でそういう少女を背に、エドガーは階下の酒場へと向かった。聞かれて困る話ではないが、聞いて楽しい話でもないだろう……。

「エドガー」

 五十人ほど座れるだろうか、広い酒場の端で手を振る彼女のもとにエドガーは歩み寄る。
着替えてきたのだろう、髪色と同じ赤いドレスがよく似合っている。

「エメリア……」
「ほら、座って、エドガーよく無事で」

 確かエドガーより八つほど歳下だったはずだ、エメリアの向かいに腰掛けて、屈託のない笑顔で笑う彼女をエドガーは複雑な気持ちで見つめた。

「エメリア、俺が戻ったときには、屋敷は……いや、街は焼け落ちた後だった」

 ゴブレットに注がれたワインを見つめながら、エドガーは言葉を絞り出す。守るべき屋敷は焼け落ち、転がるのは黒焦げの死体ばかりという風景が脳裏に蘇る。伝令に行けという命令を無視して、あの場で戦うべきだったのではと今でも思う。

「市壁が破られた時点で私たちは奥様とお嬢様を連れて、抜け道から森に逃げ込んだわ。三日三晩逃げ回って生き残ったのはたったの五人」

 ワインを一口飲んで、エメリアがそう言って肩をすくめた。

「そうか……」

 生き残った使用人から辺境伯が殺され、息子たちが連れさられた事を聞いて、エドガーは増援の兵と共に後を追った。

「敵を追って行った兵は誰一人戻らなかったと、あとで……」
「ああ、罠だった……見事にしてやられたよ」

 山間部に誘い込まれ、退路を絶たれた追跡隊は文字通り死を賭して戦った。戦いの最中、片手斧の一撃を胸に受け、崖下に転がり落ちたエドガーが助かったのは偶然の産物だ。

「俺は……」

 ぐい、と錫のゴブレットを握りしめ、エドガーはうつむいた。

「エドガー」

 ガタリと席をたつ音がして、エメリアが左隣にやってくる。うつむいたままのエドガーを胸に抱き寄せて言葉を継いだ。

「生きていてくれてよかった、本当に……」

生きていて……良かった……のか……? エメリアの温もりを感じながら、目頭が熱くなる。その時、右腕にチクリと痛みが走った。

「つっ」

 慌てて顔を上げて右側を見ると、すねた顔のニルファルが目に入った。エドガーの右腕をもう一度つねってからニルファルは手を放す。

「マルセロさんにお食事に呼ばれたから、みんなで行ってきます! ごゆっくり!」

 杖でドンと床をならして、少女が不機嫌な声でそう言うと、出口へ向かって小走りに懸けてゆく。

「あの子は?」
「ああ、色々あってな……」

 入り口で振り返り、しかめ面で舌を出す少女を見てエメリアが笑う。

「悪いことしたかしら?」
「まあ……、あとが怖いな」

 ニルファルの背を見送って、エドガーはエメリアのドレスの胸元で揺れる黒真珠を見つめた。騎士に叙任された祝いに送ったプレゼントだ。

「エメリア」
「なに?」
「生きていてくれてよかった」
「そうね、お互いに」

 エメリアの笑顔に釣られて笑い、一口飲んだワインはひどく酸っぱい味がした。