【第30回】うちのファンタジー世界の考察-風船(かざぶね)

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第30弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

小さいバルーンでも飛べる! 帆走の風船

飛行船と呼ぼうが空中船と呼ぼうが御自由に。
要はリアル世界の飛行船と同じ。帆走であるけど。

マストは船体中央からずれてセットされてる。帆やヤードの重量バランスをとるのと、マストで竜骨を分断させたくないためである。

飛行船のバルーンは気球と違って内部でいくつかに分かれてる。
中のガスを前後に移動させることで上昇下降ができる。

うちのファンタジー世界の考察」は火・金に更新!
次回は1月16日に「リザードマン」を公開予定です♪

※書籍に掲載されている順番とは異なります。
◎書籍はこちら








◎おすすめ記事
交通手段=通信手段 中世の交通事情と情報伝達