【第14回】うちのファンタジー世界の考察ー氷上船・砂上船

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第14弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

氷原と砂上を旅する船

うちの氷上船
*北の地方なら極地風で風向きは一定だろうから四角帆でもいいが、三角帆。
*左右にある舵を出し入れして方向を変える。普通の舵じゃ効かないだろうから、ブレーキにもなる。
*アウトリガー。これがないと転覆してしまう。氷原の凹凸にぶつかってもかわれないよう、支柱に弾力をもたせ、柔軟にやりすごす。

うちの砂上船
*砂は水よりはるかに抵抗が多きので、できる限り抵抗を少なくするため、船底をくぼませ走行時に空気をとり込んで砂との接触率を軽減している。
*船体が大きく湾曲しているのも砂面との接触面積をできる限り小さくする目的。砂の抵抗が大きいので船体は頑丈。
*水上や氷原上と違って砂漠は起伏がある。へさきが高いのは砂丘につっこまないため。
アウトリガーは砂の抵抗に耐えるため頑丈。


うちのファンタジー世界の考察」は火・金に更新!
次回は11月17日に「アドベンチャーなアイテム2」を公開予定です♪

※書籍に掲載されている順番とは異なります。
◎書籍はこちら








◎おすすめ記事
アメリカ大陸にも到達! ヴァイキングの民族大移動・後編
海賊? 武装交易商人? ヴァイキングの民族大移動・前編