聖者の称号、金貨何枚で買いますか? ③


1話 2話 3話
作者:為三

 華やかな晩餐会の席で、誰よりも注目を集めるために。
 あるいは臣下の前で、主としての威厳を示すために。
 貴族の皆さまは自分だけの『武勇伝』を欲しがっています。

 ゆえにわたしヴァレリーは彼らの武勇伝をねつ造、もといサポートするお仕事をはじめたのですが……実のところ武勇伝を欲しがっているのは、貴族の皆さまだけではないようで。
 魔物退治と縁のなさそうなお方からの依頼も、ごく稀にあったりするのです。





「このたびは己のいたらなさを反省しておりますの」

 ようやく目を覚ましたマリーナ様は、バツの悪そうな表情を浮かべます。
 それもそのはず、大量のコープスと戦い続けたわたしは全身ボロボロ。
 おまけに返り血やぐちょぐちょのナニカを浴びて、見るも無残な有様です。

「こちらこそ考えが足りませんでした。いきなり大量のコープスをおびき寄せるのではなく、まずは一匹ずつ連れてきて練習させるべきだったかも」
「そうですう! マリーナは初心者なので優しく! あとヴァレちゃんコープス汁がくっさいので近寄らないでくださいまし」
「あの、本当に反省してるんですよね……?」

 もはや立っているだけでもしんどい状態なので、わたしも心に余裕がありません。
 だというのに、

「まあまあ、気持ち切り替えていこ。ほらス・マ・イ・ル! 痛い痛いの飛んでけー☆」

 ――よし、殴ろう。
 あまりのうざっぷりに拳を強く握ります。

 しかし彼女がふざけた言葉を吐いた瞬間、わたしは柔らかな光に包まれていきました。

「あ、あれ……。もしかしてこれ、魔法ですか?」
「ええ、多少の傷なら一瞬で治癒する〈再生〉ですの」

 その言葉どおり、不思議な光を浴びたとたん、全身に負っていた傷がたちどころに癒えていきます。

「うふふ、驚いているようですわね。最上位の〈神聖系魔法〉ですから、今まで目にする機会すらなかったでしょう」
「偉そうなのが腹立ちますけど、確かに凄まじい効果ですね……」

 ちなみに魔法を使うときは呪文を唱えるものですが、あれは集中力を高めることを目的としたルーティンなので、マリーナ様のようにテキトーな台詞でも問題ありません。
 しかし『痛い痛いの飛んでけー☆』とは……。
 いずれにせよ彼女が優秀な術の使い手であることは、今ので確認できました。
 
「さきほどは失神してしまいましたが……次こそは必ずや使命をまっとうしてみせますの」

 そう言って彼女は、豊満な胸を揺らしつつ「えっへん!」と息巻きます。
 ともあれ言葉だけでは不安が残ります。

「そういうことでしたら、倒したコープスの処理をお願いしますね」
「……はて?」

 周囲が暗くて見えづらいものの、広間の先にある通路――わたしが死闘を繰り広げていた辺りに、かつてコープスだったものの残骸がピクピクとうごめいているのがわかりましょう。

「頭を砕けば倒せるんですけど、浄化しないかぎり灰になりませんから。このままだとぐちょぐちょが邪魔で先に進めないので、あとはよろしく」
「ちょっ……待ってくださいまし! まだ心の準備が、あの、背中を押さな――げふ」

 勢いよく突き飛ばすと、マリーナ様はぐちょぐちょの中にダイブ。
 荒療治すぎるかもしれませんが、早いところコープスに慣れてもらいましょう。
 これでくっさい汁まみれになったわたしの気持ちが、よおくわかるでしょうし。


 ◇


 一時間後。
 ダンジョンの奥深くにて、わたしは再び数匹のコープスをおびき寄せておりました。
 暗がりから伸びてくる手に対アンデッド用のメイスをお見舞いしつつ、足を止めると、

「マリーナ様ー」
「――彷徨える不浄の魂よ! 御主の威光を浴びて灰燼と化せ!」

 返事代わりの呪文とともに強烈な光線がバッと放たれて、わたしと背後にいるコープスどもに迫ります。
 反射的に身構えてしまうものの〈破魔光〉は生者になんら害がなく、

「グギョオ……」「アバアア……」「オオオォ……ッ」

 と、コープスだけを灰にしていきます。
 得意げな顔のマリーナ様に、 

「早くも慣れてきましたね」
「グロいの見る前に灰にすればいいだけの話ですし」

 というわけで彼女が要領をつかんだようなので、あとはダンジョン内のコープスを根絶やしにしたあと、最奥の祭壇に張られた結界を解除すれば依頼は達成です。
 結界自体は自然に修復されてしまうのですが、それでも数年は解除されたままになりますし、ダンジョン内に死体がなければ新たなコープスは生まれません。

「ふふん、簡単すぎて物足りませんわ。波乱に満ちた展開があってもいいのでは」
「不吉なこと言わないでください。同じダンジョンでも、遺跡じゃなくて洞窟を選んだほうがよかったですかね。たぶん後悔すると思いますけど」
「はて、洞窟のほうが危険ですの? 遺跡のほうが恐ろしげな印象を受けますが」
 
 とおっしゃるので、わたしは自分の顔を指さしつつ、

「今はうす暗いながらもお互いを視認できますよね。それに壁面や天井に通気口らしきものがないのに、息苦しさを感じない。……おかしいとは思いませんか」
「言われてみれば不思議ですの。けっこう地下まで潜っているはずですのに」
「これが自然の洞窟なら、松明なしでは真っ暗で前すら見えませんし、これほど密閉された環境なら相当に空気がよどんでいるはずです」
「それはかなり……厄介かもしれませんわね」
「ところがこの遺跡はエルフが作った施設なので、太古の技術でそれなりの環境が維持されているんですよ」

 今やこの世から姿を消した、伝説の種族エルフ。
 高度な魔法文明を持ちながらも争いによって滅亡したという彼らの技術は、数千年経てもなお、こうした遺跡の中で息づいているわけで。
 なんというか、ロマンを感じますよね。
 
「かつては門番代わりの魔法生物やら陰湿な罠やらがあって大変だったみたいですけど、排除され尽くされた今なら自然の洞窟よりもはるかに安全ですよ」
「でしたらなぜ、コープスだけ残っているのでしょう」
「さほど脅威はないですし、見た目がアレなので放置されがちなんです。だからこそこうして、簡単にアンデッド退治の実績が作れるとも言えますが」

 実のところ、誰もやりたがらない汚れ仕事なのです。
 とはいえ『アンデッドの巣くう遺跡を浄化した』と語れば、なにも知らない参拝者の方々は、よほどの偉業だと勘違いしてくれるでしょう。

「あとはアクシデントさえなければ、ね」
「引っかかる言い方ですわね。なにか懸念でも?」
「思いのほかコープスが少なくて。数と位置は下調べしたとき正確に把握したはずなのに……いったいどこに消えたのやら」
「いないのなら、それに越したことはないでしょうに」
「まあそうなんですけど」
 
 わたしは一抹の不安を抱きつつ、幸運のお守りである銀牙のペンダントを握りしめます。
 それから、 
 
「この先に再び広間があります。数体ほどコープスがいるものの、さくっと浄化しちゃえば休憩できますので。マリーナ様もそろそろお疲れでしょう」
「ええ、本音を言えば沐浴でもしたいところですわ」

 お互いくっさい汁まみれですからね。
 だけど当然、水浴びできるところなんてあるわけもなく。
 そのうえ広間でわたしたちを待っていたのは――コープスではありませんでした。

「マリーナ様! 危険ですからさがっていてください!」
「な、なんですっ! あれはっ!」 

 うす暗い広間のあちこちに、コープスだったものの残骸が散乱し、その中央に赤い光が二つ――いえ、あれは巨大な獣の瞳です。
 爛々と輝くそれは左右に揺れながら、こちらにゆっくりと近づいてきます。
 
「ヘルハウンドです! 王都の東にある山岳地帯に生息していて……!」

 本来なら、こんなところにいるはずがない魔物です。
 ふと思いだしたのは、先日に行われたという大規模討伐。
 きっと魔物狩りの部隊に追われて、ここにさまよいこんできたのでしょう。
 彼らは死肉を漁る性質がありますから、アンデッドの巣窟となったダンジョンは格好の餌場だったのかもしれません。早くもコープスが減っていた謎が解けました。

「で、どうにかできますの?」
「アンデッド用の装備しかないので厳しいです」

 できれば逃げたいところですが、ヘルハウンドはとにかく足の速い魔物ですから、すぐに追いつかれてしまうでしょう。
 やがて「グルル……」という恐ろしいうなり声とともに、馬ほどの大きさの黒い犬が暗がりの中から姿を現し、メイスを構えるわたしに――。

 なにもしてきませんでした。 
 ……あ、あれ? 

「さてはマリーナ様、魔法を使いましたか」
「いえ、見てのとおりなにも」

 今にも失神しそうでしたもんね。

 ならばこのヘルハウンド、どうして襲ってこないのでしょう……?   



◎『竜殺しの称号、金貨何枚で買いますか?』