記事一覧

【タダ読み】小泉八雲の描いた雪女-『幻想世界の住人たちⅣ』

 『幻想世界の住人たちⅣ』(多田 克己 著) p286~289


バレンタインデーの由来とふたりの聖人バレンタイン

バレンタインデー

2月14日といえばバレンタインデー。チョコレートにまつわる甘酸っぱい思い出をお持ちの方も多いのではないでしょうか。ところで、バレンタインデーにはその由来となった聖人・聖バレンタインという人物がいたことはご存知ですか?
今回は『守護聖人』(真野隆也 著)を参考に、バレンタインデーの由来についてお話します。

賢者の石を作ろう! 錬金術師たちの考案したレシピの秘密

賢者の石

『ハリー・ポッター』シリーズでもおなじみの賢者の石賢者の石の作り方がわかれば、自分でも作れるのではないかと考えたことはありませんか?
『図解 錬金術』(草野 巧著)では、ホムンクルスや金の生f成など数々のエピソードを生み出した錬金術について、文章と図解でわかりやすく解説しています。今回はその中から、賢者の石の作り方についてご紹介します。

【タダ読み】キャラクターに合った銃の選び方-『図解 ガンファイト』

『図解 ガンファイト』(大波篤司 著)p.50~51


【第31回】うちのファンタジー世界の考察-恐竜進化の人類リザードマン

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第31弾を公開! 「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。


千匹の仔を孕んだクトゥルフ神話の母神シュブ=ニグラス


日本神話に登場する男神イザナギと女神イザナミのように、クトゥルフ神話にも夫婦関係の神が存在します。女性神格に位置付けられているシュブ=ニグラスと、彼女の夫として魔術書に記録されているハスターです。
今回は、『図解 クトゥルフ神話』(森瀬繚 著)を参考に、クトゥルフ神話では数少ない女性の神「シュブ=ニグラス」をご紹介します。

【タダ読み】服部半蔵-『図解 忍者』

『図解 忍者』(山北篤 著)p.30~31


2018年の干支「戊戌」の由来や意味をやさしく解説

戌年

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)です。
「犬の年」ということで、可愛らしい犬をモチーフにした縁起物やグッズが人気になっていますよね。
ところで干支といえば、動物をあらわす十二支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし、干支は十二支だけでなく十干(じっかん)との組み合わせで60種類あり、それぞれが意味を持っています。2018年の干支は、十干の戊(つちのえ)と十二支の戌(いぬ)が合わさった戊戌年。まずは、この戊戌年がどんな意味を持っているのかをご紹介しましょう。

え! 動物から奪ったの!? アメリカ大陸の火の起源


冷え切った体を温める石油ストーブ、七輪での炭火焼き、ワイワイと皆で囲むバーベキュー。
炎の持つ力強さとぬくもりは、不思議なほど人を惹きつけます。古来より変わらない特別な力、かもしれませんね。
そんな「」は、どのようにして人間にもたらされたのでしょう。

『図解 火の神と精霊』(山北篤 著)では、フェニックスに代表されるような「」にまつわる精霊と神、「」の起源や神話まで様々な「」をご紹介しています。
古来「」は熱源としてばかりでなく、光源としても利用されました。現代ではその役割は電気に取って代わられましたが――。

満点の星を戴いて、ランタンを吊るし、パチパチと爆ぜる焚き火を眺めるのも乙なものです。耳をすませてください。
これからお話しするのは、アメリカ大陸とそこに住まう人々の遠い昔の物語。人間にをもたらした「彼ら」の足音や鳴き声が、聞こえてくるかもしれません。

ボートというけど潜水艦? Uボートの由来と活躍の裏側

Uボート

海戦に興味のある人ならば誰しも一度は、Uボートという名前を聞いたことがあるかと思います。Uボートとは、第一次、第二次両方の世界大戦で活躍したドイツの潜水艦です。しかしその勇名とは裏腹に、名前が兵器らしくないと感じた方もいるのではないでしょうか。実は、Uボートと呼ばれているのには理由があるのです。
『図解 軍艦』(高平鳴海、坂本雅之 著)では、潜水艦のみならず、巡洋艦や駆逐艦など、さまざまな軍籍の船を解説しています。今回はその中から、Uボートについてお話しします。

雪女に出会ってしまったら? 伝承に基づく対処法はコレ!

雪女

雪の降る夜にひとりで出かけた時など、何だか人ではないものに出会ってしまいそうな薄気味悪い気分になったことはありませんか? そんな時はもしかすると、近くに雪の妖怪がいるのかもしれません。
『幻想世界の住人たちⅣ』(多田 克己 著)では、一つ目小僧やナマハゲ、鬼婆など、日本の主要な妖怪にまつわる様々な伝承や伝説をまとめて紹介しています。今回はその中から、雪女やその仲間の妖怪にまつわる物語についてお話します。

【タダ読み】古墳時代から江戸時代まで! 髪型の変遷-『図解 日本の装束』

『図解 日本の装束』(池上良太 著)p.216~219


超入門! 小説や漫画などの創作物に登場させる銃の選び方

創作_銃

小説や漫画などを創作する際、主人公をはじめとするキャラクターにを持たせたり、敵キャラクターとの銃撃戦を描きたいと思うことはありませんか? でもいざ描こうとしても、まずどのようなを選べばいいのかわからないという場合もあると思います。
そこで今回は『図解 ガンファイト』(大波篤司 著)を参考に、創作におけるの選び方の基本についてお話してまいります。

二代目賢者の参考書~第十六話~


1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話

作者:冴吹稔

 異界から現れてバルドランド王国に知恵をもたらした賢者がいた。もと孤児の養女、メリッサは書記の仕事の傍ら、王都で二代目の賢者としての第一歩を踏み出した。
 彼女を協力者と見込んで期待を寄せる女伯爵、ウルスラ・リンドブルムは目付け役として家臣の一人フェリクスを王都へ派遣する。

 メリッサの兄弟子である特別顧問官ギルベルトもまた、彼女を片腕として師の遺した諸々の課題、難題に対処しようと、メリッサの囲い込みを図っていたからだ。
 
 だがそんな中、王国に思いがけない災厄が海から迫ろうとしていた。

【第30回】うちのファンタジー世界の考察-風船(かざぶね)

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第30弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

小さいバルーンでも飛べる! 帆走の風船


【イベント情報】2018年1日14日 新春特別ビギナーレッスン【キャッスル・ティンタジェル】


2018,1/14   新春特別ビギナーレッスン

新年から新しいこと初めてみませんか?
ティンタジェルでは14・15世紀の西洋剣術(素肌剣術〜アーマードバトルまで)を伝授しています。
歴史に基づいた最新の知識と技を共に学び、騎士のように戦ってみませんか?
もちろん、未来の女性剣士も大歓迎です。

スポーツや剣術の経験がなくても大丈夫、ティンタジェルには剣術やスポーツ経験のない会員さんも数多くいます。

本物の西洋剣術ってどんなものなのか、どんなレッスンをするの?
などなど、興味はあるけど、入会するにはちょっと心配、というかたはこの機会にぜひお試しください。

その正体は忍者か侍か? 伝説の忍者「服部半蔵」参上!

服部半蔵

忍者と言われて思い出すのは「服部半蔵」——という方も多いのではないでしょうか。その名は、伝説の忍者としてたびたび漫画や小説の中にも登場します。
しかしこの服部半蔵、史実によれば忍者ではなく、武将であるという話があるのをご存じですか? 今回は『図解 忍者』(山北篤 著)より、服部半蔵についてご紹介します。

歴史・時代ものを書く人必見! 日本人の髪型&髷の歴史

髷
侍や遊女、信長におかっぴき……時代小説や大河ドラマに登場する人々の多くはを結っていますが、ひとことでといっても様々な種類があります。時代ものや歴史ものなどの小説、漫画などを描かれている方にとっては、髪型の時代考証も大変な作業のひとつではないでしょうか。今回は、日本人の髪型の歴史を『図解 日本の装束』(池上良太 著)よりご紹介します。創作活動をされている方はぜひ参考にしてください。

【第29回】うちのファンタジー世界の考察-植物モンスター

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第29弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

なぜ脳がないのに襲いかかってくるのか?



【1コマ漫画】ロシアのクリスマスはお正月!

イラスト:緒方裕梨(@colornix)

ロシアにはサンタクロースがいない?



元は陰陽道の儀式だった! 知られざるひな祭りの歴史とは

ひな祭り

3月3日はひな祭りの日。家におひな様を飾るという方もいらっしゃると思いますが、おひな様の歴史についてはあまりご存知ないという方も多いのではないでしょうか。
『図解 巫女』(朱鷺田祐介 著)では、巫女の仕事内容や神道の儀式など、神社や神道、巫女にまつわる基礎知識を図解入りで解説しています。今回はその中から、ひな祭りについてご紹介します。

メイドの職種③厳しかった料理の世界 料理人と台所女中


『図解 メイド』(池上良太 著)では、ヴィクトリア朝を中心に活躍したメイドの職種やその仕事内容、生活などを様々な角度から解説しています。
これまで2回にわたり、メイドの職種の中から小間使いと客間女中、家政婦、女教師について、それぞれどんな職業だったのかをご紹介してきました。シリーズ3回目となる今回は、料理人台所女中についてお話します。

ファンタジーRPG入門⑫

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回
第11回 第12回
書き手:上田明(HobbyJAPAN)

謹賀新年
『スターター・セット』『ダンジョン・マスターズ・スクリーン』『プレイヤーズ・ハンドブック』が手元に届き、みなさんはすでに冒険に飛び込まれたでしょうか。それとも新年、仲間たちと冒険への出立の約束をしたところでしょうか。お届けが遅れたことをお詫びします。

このシリーズは、翻訳、レイアウト(DTP)、校正までを日本で行って印刷用データを送り、他の言語版と合わせて印刷がされる体制となっています。そのなかで各言語での進行や都合があります。そして入稿後も権利者による内容のチェックと承認、印刷データとしての適合、それらの中で修正があれば作業と再度の確認が繰り返されます。すべてそろって印刷され、そして出来上がってからの輸出入の手続きと実際の輸送と、ワールドワイドでデータやモノが行き来し、多数の人々がかかわっています。
その中で翻訳チームとともに、内容の充実はもちろん、適切な案内から商品のお届けに努めてまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。

狼男ではなく狼女? 魔女の使う黒魔術「人狼魔法」

人狼

黒魔術の中には、人の姿を動物や物体などに変えてしまう変身魔法があります。自分自身が変身することで人に知られずに悪いことをしたり、他人を変身させて困らせたいときに使われます。そんな変身魔法の中でも最も恐ろしいといわれているのが、狼に変身する人狼魔法です。
今回は『図解 黒魔術』(草野巧 著)の中から、人狼魔法についてのお話です。

【第28回】うちのファンタジー世界の考察-冒険者のテント

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第28弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

冒険者のリュックの中身って?


織田信長=吉法師?! 戦国武将の幼名と名前の秘密を大公開

戦国武将_幼名

竹千代、吉法師、梵天丸――いったい誰の名前だと思いますか? 実はこれらは全て、有名な戦国武将幼名です。
『図解 戦国武将』(池上良太 著)では、戦国武将の生活や習慣、価値観など、武将をとりまく諸事情について解説しています。今回はその中から、戦国武将の名前の秘密についてご紹介します。

航海も商業も農業も 七福神・恵比寿神は多彩な守り神

恵比寿神

お正月といえば初詣。皆さんの中には、七福神めぐりに行くという方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、七福神がどこから来た神様かはご存知ですか?
『日本の神々』(戸部民夫 著)では、招き猫や鬼子母神、カマド神など、民間信仰に根づいた神霊やその御利益、儀式、祭具などについて解説しています。今回はその中から、七福神のひとり、恵比寿神についてご紹介します。

【バックナンバー】一気読み! 城塞都市の成り立ちと畜産業『図解 城塞都市』


『図解 城塞都市』(開発社 著)
城塞都市の基本的な知識から、城壁の内側で行われていた農業・畜産の実態まで、城塞都市の生活を解説した項目を一気読み!

古代インドから中国、日本へ 七福神・大黒様の旅物語

大黒様

正月といえば初詣、初詣といえば七福神ですが、七福神の神々の由来や、どんなご利益があるかは皆様ご存知ですか?
『日本の神々』(戸部民夫 著)では、招き猫や河童神、照る照る坊主など、日本に根づいた神霊とその御利益、儀式、祭具などについて具体的に解説しています。今回はその中から、七福神のひとり、大黒様についてご紹介します。

【バックナンバー】一気読み! 忍者の隠れ術を一挙紹介『図解 忍者』

 『図解 忍者』(山北篤 著)
任務を遂行するうえで最も重要なスキル――隠れ術。そのため、忍者はじつにたくさんの隠れ方を身に着けています。今回は、忍者の隠形について解説した項目をまとめました!

【1コマ漫画】謹賀新年! パンタポルタで迎える初夢

イラスト:緒方裕梨(@colornix)

初夢で良い夢を見るには……?



金銀財貨がほしいなら 七福神・弁財天は財福の神

弁財天

正月といえば七福神にお詣りする方も多いと思いますが、七福神の神々がどんなことにご利益があるのか、皆様ご存知ですか?
『日本の神々』(戸部民夫 著)では、鬼子母神や船霊様、犬神様など、日本に根づいた神霊とその御利益、儀式、祭具などについて解説しています。今回はその中から、七福神の紅一点、弁財天についてご紹介します。

【バックナンバー】一気読み! メソポタミアの食文化『図解 食の歴史』


『図解 食の歴史』(高平鳴海 著)
はるか昔、古代メソポタミアで食べられていた料理とは? メソポタミアで育てられていたナツメヤシをはじめ、肉や野菜・香辛料などの食文化について解説した頁をまとめました。