【第27回】うちのファンタジー世界の考察-ワイバーン

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第22弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

うちのワイバーンの特徴


四脚系ドラゴンの内、前足が翼になっていて空を飛ぶのがワイバーン。

うちのドラゴン系の特徴である目の上のヒサシに並んでるトゲがツノになっている。
ただ、ツノの間に膜が張られていて飛行安定性に寄与している。

体の器官の中でもっとも比重の大きな歯は小さく、かつ少なくなっている。
飛行生物らしく、目の周りに「きょう膜輪」(大きな眼球を支えるリング状の骨)がある。

うちのファンタジー世界の考察」は火・金に更新!
次回は1月5日に「テント」を公開予定です♪

※書籍に掲載されている順番とは異なります。
◎書籍はこちら








◎おすすめ記事
サラマンダーって実在するの? 火の精霊以外の姿とは
フェニックスってどんな鳥? 時代で異なるフェニックス像