【第28回】うちのファンタジー世界の考察-冒険者のテント

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第28弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

冒険者のリュックの中身って?

テントはワックスなどをぬり込んで防水加工してある。でもドシャ降りだと雨もりする。
周囲に溝を掘っておかないと、雨水がテントの中に流れ込むので要注意。
テントを張るためにシャベルとハンマーを持っているワケだな。
ちなみにシャベルは英語、スコップはオランダ語。

毛布の作り方
羊毛原料の毛織物の布を、アルカリ溶液に浸してやる。
すると、毛織物は繊維がちぢれて縮み、織目の密度が高くなる。
針金を植えたブラシやアザミ科の実を干したものでももって――
ポンポン叩いてケバ立たせてと完成。
うちのファンタジー世界の考察」は火・金に更新!
次回は1月9日に「植物モンスター」を公開予定です♪

※書籍に掲載されている順番とは異なります。
◎書籍はこちら








◎おすすめ記事