記事一覧

クローンの桜? いつか消えるかもしれない「ソメイヨシノ」

ソメイヨシノ_桜

花といえば――。平安時代の頃から日本人が愛してやまないは、観賞はもちろん数々の作品の題材になり、そして食品としても利用され、今でもわたしたちにとって特別な存在です。一般的に桜といえば、人気の高いソメイヨシノが有名ですが、この花には、実はクローンだという話があります。
今回は 『花の神話』(秦寛博著)より、わたしたちの実生活に根ざすの話、そしてソメイヨシノのクローン説についてご紹介します。

【第22回】うちのファンタジー世界の考察-マーノイド

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第22弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

音響兵器! 人魚の歌声


お城は毎日がファッションショー 中世の貴族の衣服

貴族_衣服

中世ヨーロッパを舞台にしたキャラクターのデザイン、小説であれば描写をしようとした時、衣服のデザインに悩んだことはないでしょうか。 ひとくちに中世ヨーロッパと言っても、その歴史は長く、時代によって衣服は大きく変化していきました。
今回は、『図解 中世の歴史』(池上正太 著)を参考に、11世紀から14世紀までの中世の貴族のファッションをご紹介します。

これから合戦の戦国武将&兵士におくる! 快適「陣ライフ」のご案内

合戦_武将

勇ましい武士の皆さん、こんにちは。時は戦国時代、これから合戦という皆さんにはいろいろな不安があるかと思います。
そこで、持ち物は? 食事は? ちょっと一息入れたいときは? ――などなど、皆さんの気になることを『図解 戦国武将』(池上良太 著)よりご紹介します。

【1コマ漫画】トールの妻を丸刈りに⁉ 悪神ロキの悪戯

イラスト:緒方裕梨(@colornix)

神々の世界の異端児ロキ


【タダ読み】古代ローマの軽食店「バール」-『図解 食の歴史』


『図解 食の歴史』(高平鳴海 著)p.98~99



今年も本気! 米軍・カナダ軍『NORAD』のサンタクロース追跡作戦


今年もクリスマスの季節がやってきました。

子供のころ、突然「空飛ぶサンタクロースを見た」などと発言し、にわかにクラス中の注目を集めた同級生はいませんでしたか?
とはいえ、サンタクロースは12月24日から25日という短い期間で世界中を駆け抜ける超高速飛行体。大人になってみれば、空飛ぶサンタクロースの姿を捉えるのは至難の業だと気づくでしょう。
しかし、それはあくまでも肉眼での話。世界には、最新鋭の機器を駆使して毎年サンタクロースを追跡している組織があります。

今回は、クリスマスに向けて今年もアップを始めている『北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)』の活動について紹介しましょう。

終末の日が来る前に知りたい イスラム教の天国や地獄

イスラム教_天国_地獄

天国地獄と聞いて、皆さんはどんなイメージを思い浮かべますか?
『天国と地獄』(草野巧 著)では、古代オリエントや北欧神話、日本神話など、古今東西の様々な天国と地獄を解説しています。今回はその中から、イスラム教天国地獄についてお話します。

【漫画】人気イラストレーター鈴木康士さんが考える「ファンタジーの描き方」って?


『心霊探偵八雲』シリーズなど多くの装画を手掛ける人気イラストレーター鈴木康士さんによる、パンタポルタだけのオリジナルファンタジー漫画を公開します!

先日、第2弾となる画集『薄明』が発売されました。
本書には、ゲーム関連のイラストをはじめ、SF・ファンタジー小説の装画・挿画が多数掲載されています。

鈴木康士さんなら、きっとファンタジーを描くコツも知っているに違いない……
ということで、「鈴木康士さんが描くファンタジー」をテーマした漫画を描いていただきました!

まさかのあのキャラクターが登場します。



メイドの職種②華やかだけど苦労もあった小間使いと客間女中

小間使い_客間女中

イギリスの歴史の中で、メイド(使用人)とはお屋敷の主人の代わりに家事を行う女性ではなく、様々な職種に分かれてお屋敷の一切を切り盛りする人々のことでした。
『図解 メイド』(池上良太 著)では、ヴィクトリア朝を中心とするメイドの仕事内容や生活、当時の歴史的背景などの他、細分化されたメイドの職種についても解説しています。今回はその中から、小間使い(レディーズメイド)と客間女中(パーラーメイド)についてご紹介します。

【なぜなにR】学園ジュブナイルTCG『Revolve-リボルヴ-』第2回!【PR】

スマートフォンアプリ「Revolve -リボルヴ-」の登場キャラクターである
ドクターとメイがガイド役として進行する漫画、「なぜなにR」の連載が開始!

ドクターやメイがゆる~くトークする6コマ漫画となっております!
Revolveの「遊び方」はもちろん、分かる人には分かる「小ネタ」も炸裂します。

どうぞご覧ください!

第1回 第2回

なぜなにR 第2回


【第21回】うちのファンタジー世界の考察-絶滅動物②寒冷帯に棲むサイ

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第21弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

寒冷帯に棲むサイ エラスモテリウム


もしもお屋敷で働くことになったら? ヴィクトリア朝の使用人たちの生活

使用人_生活

セレブ予備軍のみなさま、こんにちは。
これまではセレブとして使用人を雇う側の気持ちを想像していただきましたが、今回は逆です。場合によっては、使用人として雇われることから玉の輿に乗って、セレブへの道が開ける可能性もありますよね。
もしも使用人として雇われたらどんな生活をするのでしょうか? 『図解 メイド』(池上良太 著)より、使用人の一日を覗いてみましょう。

古代ローマのファーストフード店 バールの魅力

古代ローマ_バール

お出かけをした休日や、仕事中のお昼などは、外食をする機会も多いと思います。みなさんはどこで食事を取りますか?
ファーストフード店やファミレスは勿論、食べ放題に挑戦する人や、ちょっと奮発して高級料理店に行く人など外食の楽しみ方は様々でしょう。
食文化が発展したことで、外食の機会が多くなった現代ですが、実は古代ローマの時代にも、同じように外食のできるお店がたくさんありました。
今回は、『図解 食の歴史』(高平鳴海 著)を参考に、ローマの軽食店とされていた「バール」を紹介します。

【イベント情報】12月8日 中世武器・甲冑の世界-歴史の伝え方、伝わり方を考える-(第34回研究会)


第34回の研究会のお知らせです。今回は、西洋剣術スクール「キャッスルティンタジェル」さんのご協力のもと、また会場も東京目白にあるキャッスルティンタジェルさんで開催します(ドタ参加も可能ですが、会場の大きさの関係でできれば事前申し込みをお願いいたします。また、Ustreamでネット中継もする予定ですので遠方の方、ぜひご覧ください)。

案外堅実で合理的だった? 知られざる戦国武将の日常

戦国武将_日常

戦国武将というと、どうしても戦場の活躍ばかり目がいってしまいますよね。しかし戦場で活躍するためには、日常生活でも体を鍛えていたはずです。戦国武将達は普段一体どのような日々を送っていたのでしょう。
 『図解 戦国武将』(池上良太 著)から、戦国武将日常についてお話します。

【タダ読み】北欧の神々が住まう世界アースガルズ-『図解 北欧神話』

『図解 北欧神話』(池上良太 著)p.26~27


【第20回】うちのファンタジー世界の考察-絶滅動物

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第20弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

第四紀更新世のほ乳類


【1コマ漫画】プロレスラーに向いている? 北欧神話の雷神トール

イラスト:緒方裕梨(@colornix)

リングネームは「雷神サンダーパンツァー」


お嬢様はいない?! 執事の仕事場は銀食器やワインの在り処

執事_仕事場

マンガや小説などによく登場する「執事」。執事喫茶などもできるくらい人気のある職業です。では、イギリスの歴史の中での執事は、どこでどんな仕事をしていたかご存知ですか?
『図解 メイド』(池上 良太 著)では、ヴィクトリア朝を中心とする使用人の歴史や仕事内容、生活などを文章と図解でわかりやすく解説しています。今回はその中から、執事仕事場であるパントリーと酒類貯蔵室(セラー)についてご紹介します。

【タダ読み】アース神族の雷神トール-『図解 北欧神話』


『図解 北欧神話』(池上良太 著)p.54~55



日本の皿も置かれていた 家政婦部屋は使用人の仕事場&食堂

家政婦部屋_使用人

ヴィクトリア朝の頃のイギリスでは、お屋敷には家政婦部屋が設けられており、家政婦をはじめとする使用人たちが忙しく働いていました。どんな様子だったか、ちょっと覗いてみたいと思いませんか。
『図解 メイド』(池上良太 著)では、ヴィクトリア朝を中心とする使用人の仕事内容、生活や歴史的背景などを文章と図解でわかりやすく解説しています。今回はその中から、家政婦部屋の用途やつくりについてご紹介します。

【タダ読み】薔薇十字団とは何か-『図解 魔術の歴史』


『図解 魔術の歴史』(草野巧 著)p.184~185



【第2部】放浪騎士と石の魔術師 ⑤

作者:ぬこげんさん

 立ちふさがるサラマンダーを倒し、隊商路を確保した放浪騎士『エドガー』は、石の魔術の使い手、少女ニルファルに請われるまま、商隊の護衛を続けていた。そんなある日、次の目的地口サバデルの街を目前にひょんなことから一行は金髪の美青年商人を助けることとなる。
 突如現れたエドガーの過去を知る赤毛の女剣士との邂逅に、心を揺らすニルファルと、自分を助けたくれた少女に心寄せる商人。これは中年騎士と石の魔術師の少女が織りなす、小さく、そして幸せな人間模様のお話。

【第1部】
1話 2話 3話 4話 番外編

【第2部】
1話 2話 3話 4話 5話

ファンタジーRPG入門⑩

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回
書き手:上田明(HobbyJAPAN)

D&D第3.5版において、バトル・グリッドにD&Dミニチュア配置して臨場感のある戦闘をプレイすることが、基本ルールに組み込まれたことは既に述べた。その好影響として、AD&D時代に比べ、異なるDMやプレイヤーがプレイしても同じように楽しめるセッションになりやすいという、シナリオやプレイ結果の共通化、平均化が可能となった。それをうけ年に一度、世界同時開催の公式セッション・イベントが生みだされる。

神々の世界アスガルドと9つの世界 北欧神話の世界ガイド

アスガルド_北欧神話

アスガルド、世界樹ユグドラシル、ニヴルヘイムといった名前を聞いたことはありませんか? ゲームや映画などでおなじみのこれらの名称は、実は全て北欧神話からきています。 『図解 北欧神話』(池上良太 著)では、ファンタジーの世界観として用いられることの多い北欧神話のあらすじや、登場人物、アイテムなどを文章と図解で解説しています。今回はその中から、神々の住まう世界アスガルド(アースガルズ)と、その外に広がる世界についてご紹介します。

【クリスマス企画】聖夜に読みたいショートストーリーを募集します!


ぱん太とぽる太が迎えるはじめてのクリスマス。
キラキラのイルミネーションが輝くクリスマスの街では、なにやらファンタジーなできごとが起こりそうな予感……。

そこでパンタポルタでは、クリスマスにまつわるとっておきの物語を募集します!
素敵な物語を書いていただいた方には、ちょっとしたプレゼントもご用意しました。
皆さまの参加をお待ちしております♪

【なぜなにR】学園ジュブナイルTCG『Revolve-リボルヴ-』マンガ掲載!【PR】

スマートフォンアプリ「Revolve -リボルヴ-」の登場キャラクターである
ドクターとメイがガイド役として進行する漫画、「なぜなにR」の連載が開始!

ドクターやメイがゆる~くトークする6コマ漫画となっております!
Revolveの「遊び方」はもちろん、分かる人には分かる「小ネタ」も炸裂します。

どうぞご覧ください!

第1回 第2回

なぜなにR 第1回


【4コマ漫画】第3話『成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです』


コミカライズ記念!

成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです』がComicWalker(コミックウォーカー)の「異世界コミック」にてコミカライズ(漫画:橋本良太)が決定しました!!
コミックは、11月21日(火)より好評連載中。

パンタポルタではコミカライズを記念して、単行本のイラストを担当しているちり氏と原作者の時野洋輔氏による4コマ漫画をお届けします!


第1話 第2話 第3話

二代目賢者の参考書~第十四話~


1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話

作者:冴吹稔

 異界から現れてバルドランド王国に知恵をもたらした賢者がいた。もと孤児の養女、メリッサは書記の仕事の傍ら、王都で二代目の賢者としての第一歩を踏み出した。
 彼女を協力者と見込んで期待を寄せる女伯爵、ウルスラ・リンドブルムは目付け役として家臣の一人フェリクスを王都へ派遣する。

 メリッサの兄弟子である特別顧問官ギルベルトもまた、彼女を片腕として師の遺した諸々の課題、難題に対処しようと、メリッサの囲い込みを図っていたからだ。
 
 だがそんな中、王国に思いがけない災厄が海から迫ろうとしていた。

【第19回】うちのファンタジー世界の考察-極寒世界2

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第19弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

アイスプラント――極寒世界に生息している植物