【第9回】うちのファンタジー世界の考察ーエルフ2

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第9弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

熱帯地方に住むエルフ


うちのエルフの特徴
・熱帯のニューギニアやアマゾンに住んでる部族。
・ダークエルフではなく、トロピカルエルフ。
・エルフの表面積の大きな耳(絵描き限定)は寒い地方じゃ絶対シモヤケになる。
・砂漠に棲むフェネックは体温を逃がすために耳がとても大きい。でも極地に棲むホッキョクギツネはできる限り体温を逃がさないため耳は小さい。つまり、エルフの長い耳は南国向きなのである!


うちのファンタジー世界の考察」は火・金に更新!
次回は10月31日に「チェンジリング」を公開予定です♪

※書籍に掲載されている順番とは異なります。

◎書籍はこちら








◎おすすめ記事
エルフやニンフの踊り子って? 踊るファンタジー系種族とは