猫は薬にもなる? 魔術や呪術にも使われる猫たち

猫_魔術

といえば、魔女の使いというイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。
古来より人間にとっては特別な存在であり、エジプトでは神とされ、ヨーロッパでは、魔女の使いとされる以前には穀物の精霊として扱われていました。つまり彼らは何かしらの魔力を持つと考えられていたのです。
今回はの神話』(池上正太 著)より、魔術や呪術、そして薬としても使われたたちの話をご紹介します。

目次

エジプト人は糞も大切にする! 猫が薬になるあれこれ

古代エジプトではの女神・バステト信仰があり、をとても大切に扱っていました。
彼らはその神聖さゆえに糞まで大切にし、なんと薬として使っていたようです。

以下にその薬と調合内容をご紹介します。

 【抗炎症】
 ・の糞
 ・睡蓮
 ・スイカ
 ・甘いビール
 ・葡萄酒

 【フケ防止】
 ・の糞
 ・犬の糞
 ・クセトと呼ばれる木の実

 【皮膚病】
 ・の糞
 ・鉛の断片

 【火傷のための軟膏】
 ・の糞
 ・アメリカニワトコの実
 ・ウアと呼ばれる穀物

 ちゃんがいらっしゃるご家庭なら比較的すぐに再現できそうなものもありますので、興味がある方は作ってみてはいかがでしょう。——というのは冗談ですが、これだけのレパートリーがあったとは驚きです。
そして、古代のエジプト人もフケに悩んでいたことがわかるのが、興味深いですね。

 さらに、エジプトではを物質的に使うだけではなく、呪術的にも使用していました。彼らは、サソリの毒と痛みから逃れるために、女神バステトの神話を再現する呪文を唱えていたといいます。
バステトについては以下の記事に紹介していますので、ぜひごらんください。

可愛すぎてもう女神! エジプト人も大好きの神話

その他の国の猫の薬効、おまじないの効果

古代エジプトに限らず、神聖な存在であるの一部を薬物に使うのは世界各地で行われていたようです。
ヨーロッパでは、の身体には魔力が宿っていると信じられ、民間医療の間でも大活躍しています。

たとえば、の血を使った薬効としては、いぼに3滴塗って、いぼを落とすという言い伝えがあります。
スコットランド高地では、の耳から採取した血が皮膚病の薬とされました。ただし、どれもあくまで少量だそうで、無駄にを傷つけるようなことはしなかったそうです。

その他、の毛皮や死体も歯痛や傷に使われることがありました。
また、呪術的なものでは、ものもらいを治すおまじないがあります。患者と逆の性別のか、あるいは三毛の尻尾をこすりながら、 「お前をつつく、お前をつつかない、お前の屁を吸いこむ」 と唱えることで、治るとされていました。

猫_魔術2

豊穣の神と幸福をもたらす猫たち

そもそもエジプトでの信仰の始まりには、耕作が大きく関わっています。
もともとは鼠とりの名人であったが、害獣駆除のために家畜化され、人間たちの生活に馴染むようになりました。そこからたちは神格化されていったというわけです。

 ヨーロッパでも同じように、たちは穀物の精霊として珍重されていました。
フランス南東部のブリアンソンでは、穀物の収穫が始まると猫の身体をリボンや花、穀物の穂で飾り、「ボールスキンの猫」と呼んだ。そして収穫作業中に怪我をすると、この猫に舐めさせたのだという。 『猫の神話』p.112
ブリアンソンでは、とにかく愛おしまれて丁重に扱われていたですが、一方、同じフランスでも北部にあるアミアンでは、豊作を願うために神聖な生け贄として、儀式的にの命が捧げられていました。

行きすぎた他の例としては、鼠除けとしてを壁に埋めるという手荒なことをした人もいます。有名なところでは、イギリスのロンドンにあるウェストミンスター寺院で発見された、のミイラがその例です。

また、イギリスでは黒が幸運のシンボルとされていますが、白と一緒に飼えばさらなる幸運に恵まれるという記録があります。
劇場でを飼うことも非常に縁起が良いとされていました。ただし上演中にが横切ったり、役者がを蹴飛ばしてしまったりするのは、不吉なことだといわれています。

他にも幸運をもたらしてくれるの話は、さまざまなものが伝えられています。
アイルランドに伝わる「の恩返し」の話などもありますので、ぜひこちらの記事もごらんください。

の集会の主催者? アイルランドの神話「ケット・シー」

猫_魔術3

魔術や呪術——人間によって迷惑を被った猫たち

の魔力には、他にどのようなものがあるでしょうか。

日本では、が顔を洗うと雨になるといいますよね。
スコットランドでも同様の話があり、寒波や快晴についてもさまざまな仕草で予知をするといわれています。
が天候に敏感とされる理由ですが、これはヒゲが湿気を帯びることによるものだと考えられています。しかし、当時の人々は、の鋭敏な感覚によるしぐさを魔法的なものと考えていました。

さらには自身が魔力によって、天候を変えているとまで信じるようになったのです。
たとえば、天候に命を左右される船乗りたちは、たちを非常に大切にしました。日本でも、三毛が航海の安全を保障すると大事にされましたが、同様に、イギリスのノースヨークシャー州のスカボローでは、黒を珍重していました。

船乗りの女房たちは、黒猫をこぞって買い求め夫の安全を願って大切に養育した。このため、黒猫を盗む輩まで現れ、1つの家で黒猫を長く飼うことが難しいという状態にまでなっていたという。『猫の神話』p.116
こういった魔力の借り方は、たちにとってもさほど迷惑ではなかったでしょう。
しかしなかには、とんでもない方法で、たちの魔力を使おうとした人もたくさんいました。

クロアチア東部のスラボニアでは、目の見えないを焼いた灰を人に投げつけることで、盲目にするという魔術が伝えられています。魔術師はこれで商店の主人を盲目にして、盗みをおこなうのです。
また、ユダヤ教の聖典『タルムード』には、黒の胎盤を燃やして粉末にしたものを目にすり込むことで、千里眼を得るという手段も伝えられています。
逆に、これらの邪悪な力から身を守るためにも、たちが使われていたといいます。
これらを信じた人々によって、たくさんのたちが犠牲になったことは明らかですから、怖ろしいことですよね。

ジョン・スペンスの『シェットランド島の伝説』では、呪いをかけられた牛に対して、壺1杯分のタール、燃えるたいまつ、針、3匹の生きた蟹、1匹のを使って悪霊払いをする話が描かれています。このなかでは、幸いは尻尾を掴まれるくらいで、酷い目には遭ってはいないようです。

以上、魔術や呪術などに使われたのエピソードをご紹介しました。
もしに魔力を借りるとしても 、エジプトや、フランスのブリアンソンのような、愛のある借り方をしたいものですね。

猫_魔術4


本書で紹介している明日使える知識

  • の誕生
  • 世界最古の飼い
  • 神の国の
  • の復讐
  • エジプトの聖
  • etc... 

ライターからひとこと

あるところでは白が、または黒が、またあるところでは三毛が……と、こうまで国や場所によって幸運を呼ぶが違うとなれば、結局はどんなだって幸福を呼ぶのではないでしょうか。
これからはどんなたちも幸運の象徴として、優しい方法で、大切にできるといいですね。本書では他にも、にまつわる物語や、人間とのエピソードがたくさん紹介されています。愛溢れる話もありますので、好きの方はぜひ読んでみてください。