超入門! 小説や漫画などの創作物に登場させる銃の選び方

創作_銃

小説や漫画などを創作する際、主人公をはじめとするキャラクターにを持たせたり、敵キャラクターとの銃撃戦を描きたいと思うことはありませんか? でもいざ描こうとしても、まずどのようなを選べばいいのかわからないという場合もあると思います。
そこで今回は『図解 ガンファイト』(大波篤司 著)を参考に、創作におけるの選び方の基本についてお話してまいります。

目次

銃の選び方①性格にあった銃のモデルを選ぶ

キャラクターに持たせるの種類を決める方法のひとつに、その登場人物の特徴との持つ特徴を合わせるという方法があります。たとえば何でも最新式のものを好むタイプのキャラクターでしたら、きっとまだ誰も持っていないような新しいモデルのを使用するでしょう(逆に、銃だけは旧式のものにこだわるという特徴を持たせることで、そのキャラクターの個性を引き立たせることもできます)。

また登場人物だけでなく、にも「性格」のようなものがあります。たとえば旧ソ連製の軍用銃はとても堅牢なつくりをしていたり、日本製のは高性能だが高価で少しピントがずれているといったように、開発された国やメーカーによって様々な傾向がみられるのです。こうしたの「性格」とキャラクターの性格を合わせることができれば、キャラクターがそのを扱う理由づけにもなり得ます。

では具体的に、キャラクターとの「性格」を合わせるセオリーにはどのようなものがあるのでしょうか。本書を参考にいくつかの例をご紹介しましょう。

堅実なタイプのキャラクターに合うのは、同じく堅実なタイプのです。故障が少なく、弾薬や予備部品を調達しやすいであることが重要で、旧式モデルであっても戦闘証明済みであること(長い年月をかけて信頼性が証明されていること)が重視されます。こうした特徴にあてはまるとして、たとえば旧ソ連製の軍用銃などが挙げられます。

猪突猛進なタイプのキャラクターには、引き金を引き続けることで次々に弾丸を発射できるフルオートや、1回引き金を引けば自動で2、3発発射可能なバースト射撃のできるが似合います。多くの弾を装填できるモデルであることも重視されるでしょう。

享楽的な性格のキャラクターに合うのは、最新型モデルや金銀メッキなどを施した限定モデルのなどです。また、一般的には知られていないような試作銃も好む傾向にあるといえます。たとえば独創的なアイデアで知られるドイツの銃器メーカー、H&K(ヘッケラー&コッホ)社製のなどが似合うのではないでしょうか。

創作_銃2

銃の選び方②場所や目的に合わせて持たせる銃を変える

キャラクターに持たせるの選び方をもうひとつご紹介しましょう。それは、キャラクターのいる場所や目的と、持たせるを合わせるという方法です。

たとえば砂漠や寒冷地、密林などでは、の作動不良などの不測の事態が発生する確率が高くなるため、それぞれの環境に対応したモデルのを選ぶことが重要になります。
また、戦闘シーンを描く場合でも、閉所での戦闘なら拳銃や短機関銃、至近距離で確実に敵を仕留めたいならショットガンというように、戦いが行われる場所や目的によって適したの種類も異なります。

プロの中には、オールラウンドな性能で自分に合ったを1丁(あるいは2、3丁)決め、それだけを使い続ける者もいますし、逆に任務に合わせてを巧みに使い分ける者もいます。どちらが正しいということはありませんので、自分の描くキャラクターの性格や作品の内容に合わせて決めることが重要です。

創作_銃3
◎関連記事
スナイパーの必需品、「ギリースーツ」の全て
今日からスナイパー?! 狙撃の標的はどう決める?

銃の選び方③有名な銃をモデルに使う

キャラクターの性格や目的、場所に合わせてを選ぶことはもちろん大切ですが、世界にはたくさんの種類のがありますので、どれをモデルにすればよいのかよくわからないという方もいらっしゃると思います。そんな方のために、現実世界でよく知られている有名なをいくつかご紹介します。

【拳銃】
 ・グロックシリーズ
オーストリアの銃器メーカー、グロック社が開発した自動拳銃で、デザインも操作性もシンプルなことが特徴です。数多くの映画やアニメに登場しています。
・コルトM1911(ガバメント)
アメリカのコルト社が開発した軍用自動拳銃で、1911年~1985年までアメリカ軍の制式拳銃として採用されていました。『ターミネーター』シリーズなど、こちらも数多くの映画やアニメに登場しています。

【アサルトライフル】
 ・AK-47
カラシニコフが設計し、1949年に旧ソ連軍が制式採用した自動小銃で、安価で手入れがしやすいことなどから、現在でも紛争地帯などで使用されています。世界的に知名度が高く、量産されているでもあります。
 ・M16
アメリカ軍が採用している小口径自動小銃で、日本では『ゴルゴ13』シリーズに登場することでも知られています。

今回ご紹介したような有名なをモデルに使うことの利点は、資料収集がしやすいということです。モデルガンや写真、関連本などを手に入れやすいため、が登場するシーンも描きやすくなります。その反面、珍しいではないため、ミリタリー方面に詳しい読者を唸らせることは難しいかもしれません。

の選び方には、このように様々な切り口があります。作品や自分に合った方法で、ぜひぴったりの1丁を見つけてみてください。

創作_銃4

本書で紹介している明日使える知識

  • 流れ弾で致命傷を負うことはあるか?
  • 「拳銃弾」と「ライフル弾」は何が違う?
  • 照準するときは片眼をつぶる?
  • 不意の銃撃戦に備えてしておくべきことは?
  • 車を盾に使うときのコツは?
  • etc... 
◎Kindleで読む




ライターからひとこと

本書は「銃撃戦」をテーマに、全部で101の項目に分けて撃ち合いの基礎知識から応用テクニックまでを解説しています。専門用語もわかりやすく噛み砕いて表現されていますので、「創作物の中で銃撃戦を描写したいけれど、そもそも何から調べたらよいかわからない」という方にもオススメですよ。