その正体は忍者か侍か? 伝説の忍者「服部半蔵」参上!

服部半蔵

忍者と言われて思い出すのは「服部半蔵」——という方も多いのではないでしょうか。その名は、伝説の忍者としてたびたび漫画や小説の中にも登場します。
しかしこの服部半蔵、史実によれば忍者ではなく、武将であるという話があるのをご存じですか? 今回は『図解 忍者』(山北篤 著)より、服部半蔵についてご紹介します。

目次

本当は武将? 服部半蔵の生まれ故郷や功績の秘話

「服部半蔵正成(まさなり)」は、忍者の頭領として日本で一番有名な名前です。
服部半蔵の住んでいた屋敷のあった場所に、現在では「半蔵門」と名のつく駅があるのをご存じの人も多いでしょう。服部半蔵は主君を守るカッコイイ忍者、というイメージがある人もいると思います。

しかし、史実を繙いてみると、彼が忍者であったという確実な情報はありません。むしろ服部半蔵は徳川家に忠実で勇猛な武将であり、忍者ではない証拠があるのです。

こちらの記事(「これにてドロン!? 逃げろ! 忍者必須の「遁法」スキル」)にあるように、忍者は基本的に戦いません。
忍者の主な仕事は諜報であり、戦闘よりも逃げることを優先します。
しかし服部半蔵は、主君である徳川家康から何度も槍を賜っています。つまり、彼は戦場に出て敵を倒していたということです。

ところで忍者といえば、伊賀と甲賀が郷として有名ですね。
服部家は、元々伊賀の大姓(有力者)でしたが、半蔵の父・保長(やすなが)は、伊賀を出て各地の武将に仕えていました。やがて徳川家に仕えて始めてから、半蔵(正成)が生まれています。
つまり、服部半蔵は伊賀で生まれ育ったわけではありません。これで服部半蔵が「伊賀忍」である可能性はほとんど消えてしまいます。

服部半蔵2

やっぱり忍か?「伊賀越え」に見る服部半蔵、忍の素養

「伊賀忍」ではないのかもしれない——といっても、服部半蔵には忍者らしいエピソードも残されています。

記録によれば、彼は武田家の間者、竹庵を討ち取ったことで褒美をもらっています。
一般的に、忍者を討ち取ることができるのは忍者だけだといわれています。特別な技術で隠れていたり、変装していたりする忍者を発見できるのは同業者のみということですね。
このことから、服部半蔵自身が忍者であったかは別としても、少なくとも忍者のスキルに精通していたことは確かなようです。

さらにもうひとつ、服部半蔵が忍者に関係していたことがうかがえるエピソードもあります。「家康の伊賀越え」です。
織田信長が明智光秀に暗殺された「本能寺の変」が起こったとき、徳川家康は堺にいました。観光と挨拶回りをしていたため、お供は服部半蔵を含めわずかな人員のみ。
それというのも、信長の同盟者である家康は、信長の支配する三河から畿内まで道のりは安全だと考えたからです。
しかし、信長が死んでしまったことで、すべてが狂ってしまいます。
畿内は再び戦乱の地となりました。光秀にしてみれば、家康は信長の同盟者ですから討伐の対象です。

ここから家康の必死の脱出が始まります。都を避けるために、京都南部から伊賀、そして伊勢へと移動するコースをとりました。しかし、今度は別の問題が生じます。
前年の「天正伊賀の乱」で、伊賀衆は信長に徹底的に弾圧され、殺されています。当然その恨みは、同盟者である家康にも向いているはずです。
あわや、と思えた家康ですが、奇跡が起きました。伊賀の地侍が集結し、家康の護衛に就いたのです。この地侍は、ほとんどが忍者とその頭領と考えられています。

信憑性の不確かな伝書によると、服部半蔵は先に伊賀に入るとコネを活かして、伊賀の侍たちに声をかけました。そして家康の守りに就けば、必ず恩義に報いると伝えたのです。 服部家は元々伊賀の大姓ですから、その縁者である半蔵の言葉に応じて、伊賀の侍たちは山賊などの攻撃や、恨みを晴らしたい侍たちから家康を守り抜きました。

服部半蔵3

服部半蔵、その人となり――抜群の手腕と人情味

「家康の伊賀越え」について信頼性のある史科に残されているのは、服部半蔵が京都滋賀のあたりで家康のお供をしていたということだけです。しかし主君である家康のために奔走していたことは、きっと間違いありません。彼は主君のためなら何でもする、忠実で有能な部下のように思えます。
とはいえ、それは手段を選ばず血も涙もないというタイプではなく、情にもろいタイプの忠実さのようです。

たとえば、家康の息子・信康が、織田信長に切腹を命じられた際には、介錯役として首を切り落とさねばならなかったにもかかわらず、主君の息子の首を切ることができませんでした。
もしかすると、服部半蔵のそういう人情味が、「家康の伊賀越え」のときでも伊賀侍たちの心を掴み、家康を助けたのかもしれません。
たとえ彼が忍者でなかったとしても、人の心を掴むという忍のスキルは持っていたのでしょう。

以上、服部半蔵について簡単にご紹介しました。


◎関連記事
忍術で隠れると見つからない? 忍者が利用した人間の心理
実は貧乏だった? 忍具からみた忍者のお財布事情とは

☆書籍の一部を無料公開中
【タダ読み】服部半蔵-『図解 忍者』


本書で紹介している明日使える知識

  • 服部半蔵の後継者
  • 甲賀忍者
  • 伊賀と甲賀の対立
  • 諸国の忍者
  • 信長と忍者
  • etc... 
◎Kindleで読む




ライターからひとこと

忍者好きとしては、「服部半蔵、実は忍者ではありませんでした」と言われてしまえば、夢が壊れてしまいます。ここは都合良く解釈し、半蔵は従来の闘えない忍者と違って、「戦闘可能なものすごく強いニュータイプの忍者であった」とするのはどうでしょう。服部半蔵は、時代劇や漫画などに登場した、彼以降のあまねく最強忍者たちの先駆者であったというロマンも生まれますね。