織田信長伝説の刀剣「へし切長谷部」&「燭台切光忠」

織田信長_刀剣

織田信長といえば、武将のなかでもひときわ人気の高い英傑です。そして名が通った彼の元には、あらゆる名刀が集まり、さまざまなドラマも生まれています。 今回は『刀剣目録』(小和田泰経 著)から、信長ゆかりの、二振りの打刀をご紹介します。

目次

織田信長から伊達政宗に渡った「燭台切光忠」

まずはじめにご紹介するのは、「燭台切光忠(しょくだいきりみつただ)」です。 区分としては「打刀」で、刃を上にして腰に差す刀です。
打刀には、抜く動作と斬る動作が同時に行えるという利点があります。

刃長は二尺二寸、現代でいうと約67cmで、刀鍛冶・越前国長船の光忠の作です。
信長は光忠の作を好んでいたことで有名です。
「燭台切光忠」ももともと信長が所有しており、その後は豊臣秀吉に伝わりました。

慶長元年(1596年)になると、地震で倒壊した山城国(京都府)の伏見城を再建した秀吉に、伊達政宗が御座船、つまり将軍や大名などの乗る船を献上したことで、秀吉から政宗へと下賜されます。

「燭台切」という名前の由来は、あるとき粗相のあった家臣を成敗しようとした政宗が、燭台の裏に隠れた家臣を燭台ごと切り捨てたことから、そう呼ばれるようになったといわれます。

その後、水戸徳川家の徳川頼房が所望したため、政宗は「燭台切光忠」を譲渡します。 鎌倉時代中期に作られたこの刀は、江戸時代を通して水戸徳川家の家宝とされますが、残念ながら関東大震災で焼失してしまい、現在はもうその姿を見ることはできません。

【銘】
 不明

【主な所有者】
 織田信長 → 豊臣秀吉 → 伊達政宗

織田信長_刀剣2

織田信長が御膳棚ごと人を斬った国宝「へし切長谷部」

「へし切長谷部(へしきりはせべ)」は燭台切光忠と同じく、区分としては「打刀」であり、刃長は二尺一寸四分、現代でいうと約65cmです。
作者は刀鍛冶・山城国(京都府)五条の国重で、彼は相模国の鎌倉の刀鍛冶・国光の子といわれています。 燭台切光忠が燭台ごと家臣を切り捨てた刀なら、こちらは食事を載せる御膳棚ごと茶坊主を斬った刀です。
粗相のあった観内(かんない)という茶坊主が御膳棚の下に逃げ込み、それを信長が御膳棚ごと圧し切ったことから、「へし切長谷部」と呼ばれるようになったといわれます。

天正六年(1975年)、播磨国(兵庫県)の御着城主・小寺政職の家臣である黒田孝高が、信長への臣従を誓うために、豊臣秀吉にともなわれて岐阜城に赴きます。
へし切長谷部は、そのときに、信長から黒田孝高へと贈られたといわれています。

織田信長_刀剣3

「へし切長谷部」その後は黒田長政のもとへ

黒田孝高が岐阜城に向かったそのころ、播磨国には、安芸国(広島県)の毛利輝元が進出を図っていました。
孝高は、主君の小寺政職に信長の味方につくようにと訴えていましたが、その後、小寺家は信長に反旗を翻して没落します。
そして黒田家は独立大名となりました。

信長が自刃した「本能寺の変」の後、秀吉に従った孝高は、九州平定後に豊前国(大分県)中津一二万石を与えられます。
さらに息子である黒田長政は、慶長五年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で徳川家康に味方をし、筑前国(福岡県)福岡五二万石を加増されます。

どうやらそのころ、長政は宝刀鑑定家の本阿弥光徳(ほんあみこうとく)に、「へし切長谷部」の鑑定依頼をしたといわれます。 この刀にはもともと銘は存在しませんでしたが、鑑定家の本阿の花押とともに、「黒田筑前守」という長政を示す銘が残っていることから、この時期に金象嵌が入れられたと考えられるでしょう。

こうして、南北朝鮮時代に作られた「へし切長谷部」は、江戸時代を通じて黒田家の重宝とされました。
その後黒田家から福岡市に寄贈され、現在は、福岡市博物館に収蔵されています。

【銘】
 長谷部国重本阿(花押)
 黒田筑前守

【主な所有者】
 織田信長 → 黒田孝高

 以上、「へし切長谷部」と「燭台切光忠」についてご紹介しました。

織田信長_刀剣4


本書で紹介している明日使える知識

  • 村雲久国
  • 数珠丸恒次
  • 烏丸藤四郎
  • 不動行光
  • etc... 

ライターからひとこと

時代劇などで見る日本刀は、人を斬っても真っ二つにするようなことは滅多にありませんが、しかし実際は恐ろしい切れ味を持っています。とくに今回ご紹介した二振りはまるで嘘のように感じるほどの威力ですが、おそらくこれが、本当の日本刀の力なのでしょう。 本書には他にも名刀についての紹介が掲載されています。刀剣とその背景の歴史を知ると、日本という国の荒々しい激動が見えてきますね。