【星のや京都】中秋の京都 能と禅で美を磨くプログラム 「キレイのいろは」開催

星のや京都

「星のや京都」は、2017年9月1日から11月14日の期間、能と禅の体験をとおして内面的な美を磨くプログラム「キレイのいろは」を開催します。本プログラムでは、普段立ち入ることのできない能舞台で、能のプライベートレッスンを受け、美しい所作を学びます。また、秋草の美しい中秋の禅寺にて、禅の講話を楽しみ、美しさを磨くためのヒントを得ます。星のや京都では、京都の街が培ってきた伝統や習慣を、内面的な美を磨く機会として捉え直し、多くの女性にとって京文化体験が自分磨きのきっかけとなって欲しいと考えています。

目次


能舞台で美しい所作を学ぶプライベートレッスン


星のや京都

通常は立ち入ることのできない京都市内の能舞台にて、能のプライベートレッスンが受けられます。レッスンでは、第一線で活躍をしている能楽師から、能の文化的背景のほか、仕舞の基本である所作と、謡(うたい)の基本である発声を教わります。能楽師が高齢になっても美しい姿勢で颯爽と舞っていられるのは、独特の「所作」による毎日のトレーニングの恩恵といわれます。その所作を学ぶことで、美しい姿勢や立ち振舞を意識するようになり、レッスンが終わった後も、日常生活に取り入れることができます。また、当日は、予約後、メールにてお送りするカタログから選んでいただいた着物を用意しています。星のや京都にて着付師による着付を行い、着物を着て能楽のレッスンを受けることができます。レッスン後は、学んだ所作を実践しながら、着物姿で京都市内を観光するのもおすすめです。

【能とは】
能は14世紀に大成された、日本の古典芸能の一つです。1957年に国の重要無形文化財となり、2008年にはユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されています。独自の様式をもつ能舞台に、能面を用い、謡(うたい)と囃子(はやし)を伴奏に、独特の所作を伴った演劇です。後に大成をした人形浄瑠璃文楽(にんぎょうじょうるりぶんらく)や歌舞伎、現代の芸術にも大きな影響を与えています。
参考:小学館 日本大百科全書

禅寺の教えに触れる秋の夜長


星のや京都

禅寺で、秋草の美しい庭を愛でながら禅の講話を聴きます。禅の講話を通して、美しく生きるヒントを得ることができます。例えば、「知足(ちそく)」という言葉には、他人と比べず自分自身にとっての幸せを見出すという意味があります。また、講話の後には、禅寺御用達の料理店で、旬の食材を使った精進料理を用意しています。禅の教えに基づいた食文化を知ることは、内面から美しくなるきっかけになります。食材や調理して下さった方へ感謝することを再認識するとともに、毎日の食事のあり方や内容を見直すこともできます。

移りゆく自然の美しさに気づく朝


星のや京都7

プログラム最終日の朝には、星のや京都の「奥の庭」で、呼吸法を取り入れた体操「水辺の深呼吸」を行います。星のや京都が位置する奥嵐山は、京都の中でも特に厳しい景観保護規制があり、時代を超えて変わらぬ自然が残る地域です。とりわけ朝の時間は静謐で、小鳥のさえずりや渓流の音を聞いたり、朝日を受けて刻一刻と緑から赤へと色を変えるモミジを見ることができます。自然の中に身を委ね、移ろいゆく自然の美しさを感じ取りながら、四肢を伸ばし、山の空気を吸い込みます。2泊3日で学んだ「美」について振り返り、プログラムを締め括ります。

今後の展開

京都の街が育んできた文化を体験することは、忙しい現代人にとって、内面の美しさについて見つめ直したり学んだりするきっかけになります。しかし、旅行者や一見さんでは体験する機会を得ることが難しい場合が多くあります。それは、それらの歴史や文化背景を理解した上で体験をしてもらいたいという、伝統を継承する方の想いがあるからです。星のや京都は、伝統を伝えたい方と学びたい方を結ぶ役割を担いたいと考えています。今後も、星のや京都での滞在を通して、国内外のお客様に、京都の街が培ってきた伝統や習慣を自分磨きの機会として提供します。

プログラム概要

■期間:2017年9月1日~11月14日
■料金:50,000円(税・サービス料10%別)*宿泊料別
■含まれるもの:禅寺での講話、精進料理、能舞台でのプライベートレッスン、着物レンタル、着付け、水辺の深呼吸
■予約:開催日2週間前までに要予約
■定員:1日1組限定(1組は1~4名)
■参加条件:星のや京都宿泊者
■予約方法:ホームページから要予約
■備考:下記のスケジュールは、一例です。予約時に申し出があれば、アレンジが可能です。
■詳細:http://hoshinoyakyoto.jp/#/activity/011678

スケジュール例
【1日目】
15:00 チェックイン
17:00 禅寺での禅の講話
18:00 禅寺御用達の精進料理

【2日目】
08:00 朝食(別途料金)
09:00 着物着付け
11:00 能舞台で能のプライベートレッスン
18:00 夕食 星のや京都にて(別途料金)

【3日目】
08:30 水辺の深呼吸
09:30 朝食(別途料金)
12:00 チェックアウト

星のや京都
平安貴族が別邸を構えた京都・嵐山。渡月橋から船に乗り、大堰川を遡ると現れる水辺の私邸。京都に息づく日本の伝統技術を感じる客室、五味を自在に表現する日本料理、四季の美しい景観と静けさの非日常の世界を楽しめるリゾートです。
〒616-0007 京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2/客室数 25室
http://hoshinoyakyoto.jp/

星野リゾート
http://www.hoshinoresort.com/