【第20回】うちのファンタジー世界の考察-絶滅動物

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第20弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

第四紀更新世のほ乳類

ゾウとキリンとサイを合体させたようなマクラウケニア(Macrouchenia)。
昔はウマ、サイ、バクなどの奇蹄目の仲間と考えられていたけれど、現在は滑距(かっきょ)目、マクラウケニア科という独自の進化ほ乳類に分類されている。
ラクダやサイに似た骨格構造は収斂進化によるもので、類縁はまったくない。
チャームポイントはゾウのような鼻と、サイのような3本指のゴツい足。

うちのファンタジー世界の考察」は火・金に更新!
次回は12月8日に「絶滅動物②」を公開予定です♪

※書籍に掲載されている順番とは異なります。
◎書籍はこちら








◎おすすめ記事