妖怪「枕返し」の誕生の背景とは? 枕にまつわる伝承

枕返し_枕

ほとんどの人が毎日の就寝時に使っている枕ですが、現代ではオーダーメイド枕の専門店ができるなど、安眠のための機能的な面がクローズアップされることが多いですよね。
しかしその昔、枕には安眠へ導くためだけではない、重要な機能があるとされていました。
睡眠中に枕をひっくり返す妖怪「枕返し」の話が生まれたのには、意外な背景があったのです。『神秘の道具 日本編』(戸部民生 著)では、古来より使われてきた道具にまつわる、神秘的な伝承について紹介しています。今回はその中から、私たちのよく知る「枕」の伝承をお話しましょう。

目次

「枕」の語源に秘められた驚きの意味とは?

枕は、『古事記』や『万葉集』にも「万久良(まくら)」と出てくるように、古くから用いられてきた睡眠の用具である。 『神秘の道具 日本編』p.434
日本最古の歴史書である『古事記』や、7世紀後半から8世紀前半にかけて編纂された『万葉集』には、「まくら」の記述が存在します。その時代から、国内に枕が存在していたことが分かります。この頃の枕には、私たちが普段使っているようなやわらかい枕だけではなく、木や石などの堅い素材で作られたものも存在しました。
また、やわらかい枕は「括り系枕」と呼ばれ、篠や稲藁、蔓、管などを束ねて作られていました。
マクラの語源については、「真座(まくら)」からきたもので神が降臨する場所のこと、あるいはタマクラ(魂倉、魂座(たまくら))の縮まったもので「魂の容器」を意味するものという説が有力である。 『神秘の道具 日本編』p.435
眠っている人間の魂は肉体から離れやすいため、「霊魂の容器」として魂を宿すことができると考えられていた枕は、浮遊した魂が悪霊にとらえられたり、あの世に行ってしまったりするのを防ぐ神聖な道具とされていました。
また、「枕は神が降臨する場所」という考え方は、枕をするとその人が日ごろ信仰している神が「枕神(まくらがみ)」として現れ、神の意思を伝えると考えられていたことからもうかがえます。この枕神は、物事の前兆を示す夢のお告げや夢占いを司っていると考えられていました。
そのため枕は、吉夢を見るために用いられるなど、安眠するためだけではない様々な役割を担っていたのです。

現代でも見られる、死に関連した「枕」の風習

人の魂を宿し男女の情愛のシンボルともされる枕は、同時に使用者の死後もその魂を宿し続ける。枕が人の死や葬式などと関係が深いのはそのためである。たとえば、臨終直後や通夜に枕元で唱える経を枕経といい、死者の枕元に供える食べ物を枕飯、枕団子という。枕経は死者の成仏をうながすためのものである。また、食事を供えるのは、死霊がよそに遊離しないためのまじないである。 『神秘の道具 日本編』p.437~438
枕には離れている恋人同士を夢で会わせる力があるとされ、男女の情愛のシンボルともされました。
枕が使用者の死後もその魂を宿し続けるという考え方は、現在でも行なわれている「枕経」「枕飯」「北枕」の風習に見ることができます。死者の枕にまつわる風習には「枕飾り」というものもあります。「枕飾り」は、葬式の前に遺体の前に簡易的な祭壇として安置されるもので、この世からあの世へ旅立つ魂が迷わずに成仏するための道しるべとされているものです。
ところで、死者を寝かせる向きは北枕にするのが全国的な習俗である。北枕にする理由は、釈迦が入滅のとき頭を北にしていたことにならったものといわれている。 『神秘の道具 日本編』p.438
「北枕」は死者の極楽往生を願い遺体を安置する際に行われていますが、あくまでも死者を寝かせる向きなので、生者が北枕で寝るのは縁起が悪いと言われてきました。
ですが、風水では「北」は金運と健康運が上昇する方角なので、「北枕」は悪いわけではないという考え方 もあります。

枕返し_枕2

実はとっても危険な妖怪「枕返し」の伝承

「枕返し」は、家の中に現れる妖怪が、人の睡眠中に枕をひっくり返すことをいう。 『神秘の道具 日本編』p.438
「枕返し」とは、妖怪が枕をひっくり返す、枕を蹴って頭から外す、死者がするように北枕にするといったことを指します。 枕には使用者の魂が宿るとされていたので、投げたり踏んだり蹴ったりしてはいけないものという俗信が存在しており、枕をひっくり返すという行為は、肉体と魂とのつながりを断ち切る、とんでもないことだと考えられていました。
睡眠中に枕をひっくり返されるいたずらをされ、それによって命を落としたという話は、日本各地に存在しています。眠っている間に魂が肉体から離れ、枕に宿るという考えが元になり妖怪「枕返し」が生まれたのですね。

枕返し_枕3


本書で紹介している明日使える知識

  • 門松
  • 案山子
  • 数珠
  • 線香
  • etc... 

ライターからひとこと

枕は、睡眠中に神が降臨する場所であるとされ、また魂の容器になるとも考えられてきました。そこには日常用具としての枠を超えた、特別な意味が存在していたのです。 「枕経」「枕飯」「北枕」の風習や、妖怪「枕返し」の伝承は、こうした解釈にもとづいて誕生したといってよいでしょう。 本書では日本の道具について、どのような効力があると信じられてきたのかが、さまざまなエピソードを交えて紹介されています。