記事一覧

【インタビュー】小説家になろう総合ランキング1位!『無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』理不尽な孫の手先生

『無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。


2017年現在、50万タイトル以上の作品が投稿されている「小説家になろう」。
読者は気に入った作品に評価やブックマークをすることができ、そうした評価の累計が「ポイント」としてユーザーに公開されています。

その総合ポイントランキングで、2013年10月から現在に至るまで堂々の第1位に輝きつづける作品『無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』。
今回は、そんな『無職転生』の作者である理不尽な孫の手先生に、創作についておうかがいしました!

【4コマ漫画】第3話『勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした』


『勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした』第2巻の発売を記念した、カウントダウン企画の第3弾が公開!

単行本のイラストを担当している、おちゃう氏自身の手による4コマ漫画をパンタポルタで連載します。漫画の原案は原作者の灯台氏が自ら担当。
今回はついに、あのキャラクターが……


第1話 第2話 第3話


ファンタジーRPG入門⑦


第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回
書き手:上田明(HobbyJAPAN)

5回、6回にわたり、いままでの「ダンジョンズ&ドラゴンズ」日本語版の始まりについて述べてきたが、また目を未来に向け、PHBの次に予定している『ダンジョンズ&ドラゴンズ モンスター・マニュアル』を紹介しよう。

【タダ読み】窃盗の黒魔術! 牛乳魔法ー『図解 黒魔術』


『図解 黒魔術』(草野巧 著)p.74~75


二代目賢者の参考書~第十一話~


1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話

作者:冴吹稔

 異界から現れてバルドランド王国に知恵をもたらした賢者がいた。もと孤児の養女、メリッサは書記の仕事の傍ら、王都で二代目の賢者としての第一歩を踏み出した。
 彼女を協力者と見込んで期待を寄せる女伯爵、ウルスラ・リンドブルムは目付け役として家臣の一人フェリクスを王都へ派遣する。

 メリッサの兄弟子である特別顧問官ギルベルトもまた、彼女を片腕として師の遺した諸々の課題、難題に対処しようと、メリッサの囲い込みを図っていたからだ。
 
 だがそんな中、王国に思いがけない災厄が海から迫ろうとしていた。

【第7回】うちのファンタジー世界の考察ー食用植物

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第7弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。


中世ヨーロッパの野菜・果物事情

聖者の称号、金貨何枚で買いますか? ③


1話 2話 3話
作者:為三

 華やかな晩餐会の席で、誰よりも注目を集めるために。
 あるいは臣下の前で、主としての威厳を示すために。
 貴族の皆さまは自分だけの『武勇伝』を欲しがっています。

 ゆえにわたしヴァレリーは彼らの武勇伝をねつ造、もといサポートするお仕事をはじめたのですが……実のところ武勇伝を欲しがっているのは、貴族の皆さまだけではないようで。
 魔物退治と縁のなさそうなお方からの依頼も、ごく稀にあったりするのです。

決闘や試罪法 古代~中世ヨーロッパの神明裁判とは

神明裁判

神明裁判という制度をご存知ですか? 古代から中世初期まで世界各地で行われていた原始的な裁判で、物事の真偽や正邪を判断する際に、決闘や試罪法といった手段を用い、結果を神の手に委ねようとする制度です。
『拷問の歴史』(高平鳴海、拷問史研究班 著)では、様々な拷問法とその歴史上の位置づけについて解説しています。今回はその中から、神明裁判についてご紹介します。

【タダ読み】シャーマニズム『図解 巫女』

『図解 巫女』(朱鷺田祐介 著)p.198~199

賢者の石、エリクサーなど万能秘薬の恐るべき効能

エリクサー

錬金術に関わる有名なものとして「賢者の石」と「エリクサー」(または「エリクシール」、「エリクサ」、「エリクシャー」)があるのをご存知でしょうか。ゲームや映画にもよく登場するため、名前は知っているという方も多いと思います。賢者の石は「大(グレート)エリクサー」と呼ばれていたこともあり、エリクシャーと混同されることもあります。
ではエリクサーとは一体どのようなものなのでしょうか。
『魔法の薬ーマジック・ポーションー』(秦野啓 著)では、トリカブトやミイラなど、様々な薬を紹介しています。今回はその中から、エリクサーに代表される、数々の万能秘薬についてお話します。

【第6回】うちのファンタジー世界の考察ーグリフォン

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第6弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。


由緒正しき古来の黒魔術? 牛乳魔法とは


黒魔術といえば薄暗い室内で行うおどろおどろしい儀式で、恐ろしい魔法を生み出すイメージがあるのではないでしょうか。
今回ご紹介するのは「牛乳魔法」という黒魔術です。名前からは、黒魔術なのに可愛らし くのどかな印象を受けますね。それでは、「牛乳魔法」とは実際にはどのようなものだったのか、その方法や効果、そして生まれた時代背景を含めて見ていきたいと思います。

【1コマ漫画】ゲイボルグシュート!

イラスト:緒方裕梨(@colornix)

クー・ホリンの代名詞! 魔槍ゲイ・ボルグ

トランスで神託や占い? 巫女の原点「シャーマン」とは

シャーマン

以前、巫女さんの装束についてご紹介しましたが、みなさんは「巫女」の原点をご存じでしょうか。
『図解 巫女』(朱鷺田祐介 著)には、その語源や、本質的な姿が紹介されています。
今回取り上げるのは、巫女の原点「シャーマン」にまつわる項目です。わたしたち日本人に馴染みのある神社の巫女さんだけではなく、エスキモーも登場します。

【タダ読み】宇宙からの解放――グノーシス主義『図解 魔術の歴史』

『図解 魔術の歴史』(草野巧 著)p.28~29

ハツカネズミや蛇、虫 小動物を使った拷問とは

拷問_動物

拷問。見るからに恐ろしい言葉ですが、拷問が国際的に禁止されるようになったのは近代に入ってからのことで、かつては世界各地で取り調べなどのために度々拷問が行われていました。
『拷問の歴史』(高平鳴海、シブヤユウジ 著)では、拷問具を中心に、様々な拷問の方法やその歴史上の位置づけについて解説しています。今回はその中から、小動物を使った拷問をご紹介します。

【タダ読み】エジプト人に愛されたタマネギ『図解 食の歴史』


『図解 食の歴史』(高平鳴海 著)p.42~43


10月26日 仙台支部クラスオープン〜騎士を目指す新規会員募集!


★10月26日 ティンタジェル仙台支部クラスオープン★
〜騎士を目指す新規会員募集&体験レッスン開催〜

10月26日、仙台市内にてキャッスル・ティンタジェルの新しい支部が誕生します!
支部クラス開講にともない、仙台支部会員を募集しています。
早期入会者にはお得な特典をご用意していますので、ぜひこの機会をご利用ください!
中世のヒストリカルな西洋剣術・武術に興味のある方、私達と一緒に騎士を目指してみませんか?

【マンガ紹介】転生したらスライムだった件~魔物の国の歩き方~【第15話】


転生したらスライムだった件~魔物の国の歩き方~
漫画:岡霧硝 原作:伏瀬 キャラクター原案:みっつばー

テンペストの盟主リムルからの依頼で、
この町のガイドブックを作ることとなった、兎人族の少女フラメア。

彼女が目にしたのは、魔物と人間が驚くほど自然に共存する異様な光景。
そして見たこともない、斬新な町並みであった。
散策するだけでワクワクが止まらないフラメア。
今日も元気に取材へ向かいます!



現在、コミックライドにて第14話、第15話+先読み16話を公開中!
※2話~9話、11話~13話の無料公開は終了しました。




【第5回】うちのファンタジー世界の考察ーアドベンチャーなアイテム1

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第5弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

聖者の称号、金貨何枚で買いますか? ②


1話 2話 3話
作者:為三

 華やかな晩餐会の席で、誰よりも注目を集めるために。
 あるいは臣下の前で、主としての威厳を示すために。
 貴族の皆さまは自分だけの『武勇伝』を欲しがっています。

 ゆえにわたしヴァレリーは彼らの武勇伝をねつ造、もといサポートするお仕事をはじめたのですが……実のところ武勇伝を欲しがっているのは、貴族の皆さまだけではないようで。
 魔物退治と縁のなさそうなお方からの依頼も、ごく稀にあったりするのです。

【タダ読み】ローマでタダの朝食にありつく方法『図解 食の歴史』


『図解 食の歴史』(高平鳴海 著)p.42~43


ギリシア神話・正義と知恵・戦いの女神アテナの物語

アテナ

ギリシア神話では、ゼウスの妻ヘラ、狩猟の女神アルテミスや、かまどの女神ヘスティア、知恵と生活、戦いの女神アテナなど、多くの女神たちが活躍します。でも、名前は知っているけれど、彼女たちが具体的にどんな活躍をしたのかは知らないという方も多いのではないでしょうか。
『剣の乙女』(稲葉義明 著)では、ジャンヌ・ダルクや巴御前をはじめとする女性たちの強くも儚い物語を紹介しています。今回はその中から、ギリシア神話の女神アテナにまつわる物語をご紹介します。

【タダ読み】シェルターのつくり方ー『図解 特殊部隊』


『図解 特殊部隊』(大波篤司 著)p.170~173


【動画】イタリアの媚薬「愛の秘薬」【魔法のレシピ】


皆さんこんにちは!
今回は、わが社に伝わる魔導書より「愛の秘薬」という魔法のレシピをご紹介します。
古くからイタリアで作られてきた、リキュールとハーブを用いた媚薬です。
恋する人と一緒に飲めば、愛の炎に火がつきますよ♪

創造主は悪神?! 東地中海で流行したグノーシス主義とは

グノーシス主義

2~3世紀頃に流行した宗教運動に、グノーシス主義と呼ばれるものがあります。彼らは独特の宇宙観を持ち、後に錬金術の原理にもなったヘルメス主義にも影響を与えました。 『図解 魔術の歴史』(草野巧 著)では、錬金術や占星術、有名な魔術師や魔術書など、魔術に関する歴史について、幅広く解説しています。今回はその中から、グノーシス主義についてご紹介します。

【第4回】うちのファンタジー世界の考察ー馬車

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第4弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

中世ヨーロッパ風ファンタジーの馬車


エジプト人の活力源!? タマネギの神秘の力

エジプト_タマネギ

みなさんは、元気が出ないときは何を食べますか? 病は気から! と、お肉やお魚で気を養う方もいれば、自分の健康を見直すために野菜を意識して食べる方もいると思います。
遥か昔、野菜の用途は体の健康を支えるだけの食べ物としてだけではなく、信仰の道具や薬として使われていた時代がありました。
今回は、『図解 食の歴史』(高平鳴海 著)を参考に、 ピラミッドの建設にも貢献をしたといわれているタマネギが、当時どのように使用されていたのかを紹介します。

【1コマ漫画】いいねが欲しい! 暴君ネロ

イラスト:緒方裕梨(@colornix)

人気を気にかけるあまり、暴君と化す


古代ローマの朝は贈り物から ローマ人の朝食事情

ローマ_朝食

古代ローマの食事と聞いて、皆さんが想像する のはどのような光景でしょうか。
遊びと食事に貪欲だった古代ローマの貴族たちが、食事するために胃におさめたものを吐き、お腹を空にしてまた食べる……。そんな豪奢な 饗宴を思い浮かべる人もいると思います。 しかし、そんな方法で食事を楽しむのは、宴会の時だけで、普段は簡単なもので済ませていました。
今回は、『図解 食の歴史』(高平鳴海 著)を参考に、古代ローマ貴族の宴ではなく、日常の朝食の様子をご紹介します。

【タダ読み】オルペウス密義ー『図解 魔術の歴史』


『図解 魔術の歴史』(草野巧 著)p.16~17

【特集】城塞都市って何? 都市構造から生活、問題、攻防戦まで解説

城塞都市

外敵から街と人々を守るため、周囲に城壁や堀などを巡らせた城塞都市(城郭都市)。その姿は古代から中世のヨーロッパを舞台にした歴史映画などで描かれることが多く、現存する城塞都市の中には世界的に有名な観光スポットになっている場所もあります。
また、西洋風のファンタジー作品の中では、城塞都市やそれに似た設定の都市を見かけることも多いでしょう。

城塞都市が一般的な都市の姿であった頃、そこに住む人々の生活は一体どのようなものだったのでしょうか。 今回は『図解 城塞都市』(開発社 著)を参考に、城塞都市の構造から住民たちの食生活、暮らしを支えた産業、攻防戦に関する知識まで、中世ヨーロッパを中心にまとめて紹介します。

体力の消耗を防げ! 生き延びるための「シェルター」の作り方


ある日、街は謎の異星人によって占領され、我々は山や森のなかに逃げ込むしかなかった。しかしいつ彼らが襲ってくるかわからない――! こんなとき、なるべく体力を温存して、逃げながら対策を練らなければなりません。
どんな状況でも大切なのは、休息と睡眠です。今回はいざというときのために、『図解 特殊部隊』(大波篤司 著)から、「シェルター」についてご紹介します。

【タダ読み】言葉によって動く人形 ゴーレムー『幻想生物 西洋編』


『幻想生物 西洋編』(山北篤 著)p.49~51


【4コマ漫画】第2話『勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした』


『勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした』第2巻の発売を記念した、カウントダウン企画の第2弾が公開!

単行本のイラストを担当している、おちゃう氏自身の手による4コマ漫画をパンタポルタで連載します。漫画の原案は原作者の灯台氏が自ら担当。
ついに圧倒的なヒロイン力をほこる、あのキャラクターが登場します!


第1話 第2話 第3話

ファンタジーRPG入門⑥


第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回
書き手:上田明(HobbyJAPAN)




今回はTRPGと相互に影響を及ぼしたジャンルについての動きを紹介する。

TRPGがノベライズに向いたコンテンツであることは、AD&Dのプレイのノベライズからスタートした“Dragonlance”シリーズによりD&D自身が証明した。日本においても翻訳ノベルとして『ドラゴンランス戦記 1.廃都の黒竜』(原題:“DRAGONS OF AUTUMN TWILIGHT”Random House 1984、富士見書房 1987)を皮切りに刊行され、邦題では『~伝説』『~英雄伝』『~序曲』と翻訳が進んだ。“Dragonlance”はAD&D向けの世界設定のひとつである。だが日本においては、赤箱に連なるD&D商品とあわせて宣伝・告知がなされ、D&Dファンを増やし、ノベルそのものもヒットした。この波はTRPGのみならず翻訳ノベルのタイトル増加をもたらし、ファンタジー作品を収録するいくつもの翻訳レーベルの成立を促した。そのレーベル収録作品や、影響を受けて日本人作家により執筆された剣と魔法の物語は、現在のライトノベルの源流のひとつとなった。

【タダ読み】海の歌姫 セイレーン『幻想世界の住人たち』


『幻想世界の住人たち』(健部伸明、怪兵隊 著)p.306~309


二代目賢者の参考書~第十話~


1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

作者:冴吹稔

 平凡な現代青年が、異世界に放り出されて幾星霜――
 現代知識を用いて辺境の領地を富ませ、賢者として名を成した彼、シンスケ・マガキは、その人生の終わりに二つの遺産を残した。
  彼の知恵を書き留めた一巻の書物と、彼の名を継ぐみなしごの少女、メリッサ・マガキ。
 シンスケはメリッサに託す。一人の知恵と力では、なし得なかった改革を。世の中の機が熟するまでは、おおやけにできなかった更なる知恵を。
 養父の仕事のその先へ進もうとする少女と、彼女を理解し援助の手を差し伸べる若き女領主の、奇妙な戦いが幕を開ける。

第十話「不思議な青年」


聖者の称号、金貨何枚で買いますか? ①

1話 2話 3話
作者:為三

 華やかな晩餐会の席で、誰よりも注目を集めるために。
 あるいは臣下の前で、主としての威厳を示すために。
 貴族の皆さまは自分だけの『武勇伝』を欲しがっています。

 ゆえにわたしヴァレリーは彼らの武勇伝をねつ造、もといサポートするお仕事をはじめたのですが……実のところ武勇伝を欲しがっているのは、貴族の皆さまだけではないようで。
 魔物退治と縁のなさそうなお方からの依頼も、ごく稀にあったりするのです。

 ひとまず前日譚として、かつてのご依頼主であるロバート様のご邸宅に招かれた際のお話から語ることにいたしましょう。

【第3回】うちのファンタジー世界の考察ーファンタジーな城1

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第3弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。


断崖絶壁な岩山の尾根に建つお城

輪廻転生からの解脱を目指す 古代ギリシアのオルペウス密儀

オルペウス密儀

古代ギリシア・ローマでは、真の自己の発見や、神となる道の探究を目的とする様々な宗教的・魔術的団体が活動していました。その中には人々を惹きつけ、後の時代にまで影響を与えたものも存在します。
『図解 魔術の歴史』(草野巧 著)では、錬金術や占星術、有名な魔術師や魔術書など、魔術に関する歴史について時代を追って解説しています。今回はその中から、古代ギリシア・ローマ世界で流行したオルペウス密儀についてご紹介します。

【タダ読み】ケルトの妖精 シーオークー『幻想世界の住人たち』


『幻想世界の住人たち』(健部伸明、怪兵隊 著)p.126~130

D&D 体験ミニレポート


先日、ホビージャパンさんのご招待でダンジョンズ&ドラゴンズ第5版の日本語版体験会に参加してきました。

宗教から生まれ、 言葉によって動かされる存在――ゴーレム


ゴーレムはファンタジーではおなじみの存在ですね。しかし、その成り立ちにユダヤ教が関わっていたり、動かすための条件や止めるための条件が決まっていたりと、興味深い点がいくつもあります。 今回は、『幻想生物 西洋編』(山北篤 著)より、ゴーレムについてご紹介しましょう。

【古今東西 古代欧州×中世西欧×江戸の食語り】


古代ローマ・メソポタミア、中世ヨーロッパ、江戸時代の異なる3時代の各研究家が一同に集まり、
当時の食事情や調理法などを含めたトークイベントを開催します。
また、3つの時代にまつわるお料理も試食スタイルでご提供。異なる時代でも共通する発見があるかも? しれません……。

【ミードセミナー】~はじめてのはちみつ酒! はちみつから造られたお酒ミードを楽しむ~


世界最古のお酒といわれるはちみつから造られたお酒「ミード」を
飲んでみませんか? 初めての方でも、すでにご存知の方もミードの奥深い世界に
ミードアドバイザーがご案内します。 原料となったはちみつや、ミードにあう
おつまみを楽しみながら「はちみつ酒の世界」に入門!

船乗り達を歌で惑わせる海の精霊、セイレーン

セイレーン

海には多くの妖精、怪物が存在するとされています。近くを通る船乗りに魔法をかけるセイレーン、下半身が魚の尾鰭になっている海の乙女マーメイド、腰から下に6つの犬の頭と12本の足が生えたスキュラなどがその例です。
『幻想世界の住人たち』(健部伸明、怪兵隊 著)には、さまざまな幻想生物が紹介されています。今回はその中から、セイレーンについてお話します。

【第2回】うちのファンタジー世界の考察ーエルフ1

『Roll&Roll』誌にて好評連載中の「うちのファンタジー世界の考察」シリーズから、第2弾を公開!

「うちのファンタジー世界の考察」とは、「いわゆるファンタジー世界と呼ばれるもの全般」を対象に、著者である小林裕也さんの知識と妄想をごちゃまぜにして、「イラストコラムとしたもの」です。

【1コマ漫画】美しい乙女に弱い? ガウェインの失敗

イラスト:緒方裕梨(@colornix)


乙女に見とれて、大事な聖杯を見落とす

【タダ読み】フェニックス(不死鳥)ー『幻想世界の住人たち』


『幻想世界の住人たち』(健部伸明、怪兵隊 著)p.298